最近のトラックバック

April 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« お風呂で読んではいけない、3作品 | トップページ | 名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 »

2007.05.14

皇国の守護者

最近買ったものの中でダントツに面白かったのが、これ↓


佐藤 大輔, 伊藤 悠 / 集英社(2006/11/17)
Amazonランキング:3418位
Amazonおすすめ度:
逆境での模索する主人公の姿が、抜群に面白い
文化庁メディア芸術祭推奨作品として
続刊物としてのテンション


元々、本屋でジャケ買いしようかどうか迷っていたものだったのだけど、もぐさんの日記で「面白い」と書いていたのを読むに至り、迷いなく購入。
読んでみると、1巻の前半くらいは「うーん、帝国陸軍礼賛系??これ私には合わないかも。。。」とか思っていたのだけど、いやいやいあ。
1巻終わりの頃には、たまらんくらい引き込まれていた。
全然タイプは違うけれど、ヤン・ウェンリーっぽいといいますか。
用兵家とか、戦術とか、戦略とか、軍人とか、作戦とかそういう感じ。
すごい面白い。

舞台は架空の世界が舞台。神代に交わされた人と龍の契約が支配する世界で、サーベルタイガーが軍用に徴用されており、大陸を支配する帝国が、極東の島国・皇国へ侵攻を開始するところからスタートする物語。
現在、絶賛激戦中。
今、Wikipediaを見たら、原作は小説なのね。
うっかり項目・本文を読んでしまうと、ネタバレになってしまいそうで読めないけど。。。

久々に、続刊の刊行が楽しみな作品。

« お風呂で読んではいけない、3作品 | トップページ | 名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 »

男性コミック」カテゴリの記事

コメント

   
     失礼いたします  
  「心の病い・勝利法則」 のご案内です 
        ご笑覧ください。
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇国の守護者:

« お風呂で読んではいけない、3作品 | トップページ | 名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 »