最近のトラックバック

April 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ここ半年の少女誌系 | トップページ | 皇国の守護者 »

2007.02.14

お風呂で読んではいけない、3作品

お風呂で本や漫画を読みながら長風呂するのが好きだった。最長は3時間くらいの半身浴。
最近は、めっきり湯船につかることもしなくなってしまったが、昔はお風呂が読書スペースだったこともあったのだ。

が、私には風呂場では絶対に読んではいけない漫画がある。
読むと心臓発作を起こしかねないブツがある。

心臓発作の理由。
それは、嗚咽と号泣。脈拍と血圧急上昇。半身浴とて油断はならない。

という、ただ「泣ける」ではない作品を3つ覚書。

エースをねらえ!
これは本当にお風呂で読んで、やばかった本。嗚咽をまじりで号泣するのを我慢していたら、血圧上昇、心臓ばくばく、目の前真っ暗になったことがある。
どこでって、そりゃあ勿論、宗方仁のお葬式の前後だ。
海外の大会で準優勝を勝ち取ったひろみの「コーチ見ていますか」のあたりから嗚咽が始まり、帰国し仁の死を知ったひろみの痛々しい姿で、心拍上昇。その告別式での棺に取りすがり号泣するあたりで、もう目の前真っ暗に。

こっから先は、「エースをねらえ!」で学んだので、実際にはお風呂読みはしていない。

麒麟館グラフィティー
本編も中々に泣ける話なのだが、号泣ってほどじゃぁない。
が、凶悪なのは完結後の番外編である「柊の実 赤い」だ。主人公の一人、妙の幼少の時の妹と父との話。
これを青梅線の中で読んでしまった。青梅線の中で号泣。

BANANA FISHというか、BANANA FISH 19巻とPrivate opinion―Banana fish another story
そもそも、この本はお風呂場なんかに持っていかないんだけどさ。絶対に水の傍になんか寄せないんだけどさ。
何べんでも、初めて読んだ時と同じイキオイで号泣できる。やっぱり「光の庭」最高だ。


« ここ半年の少女誌系 | トップページ | 皇国の守護者 »

女性コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お風呂で読んではいけない、3作品:

« ここ半年の少女誌系 | トップページ | 皇国の守護者 »