Recent Trackbacks

September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2007.03.14

夜半過ぎのストレス

本日、帰宅してからよせばいいのに作ったモノ。

春雨のクリーム煮仕立てではありません

スープでもナントカのクリーム煮でもありません。

Continue reading "夜半過ぎのストレス" »

2004.02.03

最悪レシピ3 汁粉

前回の「最悪レシピ」でワカメカレーを披露し、卓越した料理センスをさらした実家の母は、高校教師でした。今はもう退職してしまったけれど、定年までバリバリに勤め上げた女性でした。当然、日頃家にはおりません。が、私が高校生のある日、友達が家に遊びに来たあの日、なんでかその日は家にいた。
田舎人の習性と申しましょうか、家に来たお客は120%もてなさいと気の済まないうるみ母。その日、私と友達に手作りおやつを振舞うことにしたらしい...

──────────────
    ある日のおやつレシピ
       "お汁粉"
──────────────
しょっぱくないお汁粉

  1. 前夜から水につけた、小豆を火にかけ煮ます
    ※なぜ、その日小豆が水につけてあったのかは今もってナゾ
  2. 煮立ったら一度お湯を捨て、再び水を足し煮ます
  3. 小豆が柔らかくなったところで、砂糖投入
    ※甘さが肝心。惜しみなく砂糖を入れること
  4. 甘みを引き出すため、少々お塩を入れます
  5. 餡を煮詰めますが、お汁粉なのでゆるいくらいでOK。火を止めます
  6. 切り餅を焼き、小豆餡のナベに入れちょっとだけ煮ます
  7. お椀に餅と小豆餡をそそぎます

──────────────
     お味は?
──────────────
上記のレシピは決して間違っていないと思います。餡の煮方にはもっと色々あるのですが、基本的には間違っていません。甘みも十分。
が、しかし、母が立ち去り汁粉を一口飲んだ私と友人は顔を見合わせつぶやいた。
 「しょっぱい...」
ママ!あのお汁粉しょっぱかったよ!塩入れすぎだよ!
最悪度数:★★☆☆☆

──────────────
     その後どーした?
──────────────
と、とりあえず母に気を使い、友人と共に完食しました。
成長し、料理の本を見たところ確かに塩を入れると書いてありました。しかし分量は"一つまみ"...
ママ!どんな一つまみだったの?アンタの手は和田アキコよりでかいの?力士が土俵入りの時にまく塩は"一つまみ"じゃないよ?
後に「塩羊羹」なる菓子が存在することを知り食してみましたが、母の作った「塩お汁粉」のようにしょっぱくはなかった...
あれから、十ン年。未だに友人は「うるみ母と言えば、お汁粉だよねっ」と楽しそうに話します。

2004.01.30

最悪レシピ2 ワカメ

さんまさま母方の実家は、日本有数のフカヒレ産地で有名な港町で、旬の海産物を送ってくれるありがたい親戚連がいる。
が、しかし4人家族に30cm四方くらいの箱にギッシリつまったサンマが送られてきた時は切なかった。今でこそ和食大好きな私だが、当時は食べ盛り、単純で脂っこい味が大好きな子供である。送られてきた初日は母が奮闘し刺身にしてくれたが、そうそういつまでも刺身にはできない。かくして毎日サンマ、焼きサンマ、の日々が続いたのである。

それでも、30cm四方の箱にギッシリつまったワカメよりはマシだったことを、翌年思い知った。
ワカメはサンマよりもさらにレシピに限りがある。おかずのメインになりうるサンマと違って、ワカメレシピはあくまで副菜。どーがんばってもメインにはなりえない。ワカメの味噌汁ではなく、味噌汁和えのワカメ、淡白すぎる酢の物。子供には美味しさがわからないワカタケ...姉と私の我慢の限界が超えた時、母は名案を思いついた。
  "子供の嫌いな物は好きな物に混ぜ込んでしまえばいい"
世のお母さんが一度は考える"名案"である。前フリが長くなったが、最悪レシピ2をご紹介する。

──────────────
    ある夕飯のレシピ
    "ワカメカレー"
──────────────

  1. ハウス・バーモントカレー(甘口)を使って、ごく普通にポークカレーを作ります
  2. 仕上げに、水でもどし塩気を切り、一口大に切ったワカメをナベ一面ルーの黄色が見えなくなるほど投入します。
  3. カレーの色が微妙にドス黒くなります
  4. ナベの中でワカメがさらに膨張します
  5. スパイシーなカレーの匂いが、絶妙に磯臭くなったところで火を止めます

──────────────
     お味は?
──────────────
味には大して影響ありませんが、テレっとしたワカメの食感と磯の香りがトロッとしたカレーと相まって前人未到、空前絶後の新食感でした。よく料理番組で珍妙なものを食べさせられたリポーターが「初めてのお味です~」としか言わないキモチがよくわかる。そんな感じです。
最悪度数:★★★★★

──────────────
     その後どーした?
──────────────
大ナベに大量に作られたワカメカレーは、その不人気ぶりと相まって翌日も翌々日も完食されず、最後にはワカメがふやけきり、食感がテレっからデロっに変わった辺りで、三角コーナーへと消えていきました。

──────────────
  それから十ン年後のレシピ
    "ワカメカレー"
──────────────
私は、今でもワカメは自分では料理しません。
誰か美味しいワカメカレーの作り方を知っていたら、教えてください。

P.S.気仙沼水産試験場様
ワカメ養殖がんばってください。

2004.01.24

最悪レシピ1 マヨ

それは、小学校4年生くらいでしたでしょうか?
今ではもう言わないでしょうが、当時私は"かぎっこ"でした。そう両親とも共働き&年の離れた姉はすでに中学生で部活動まっしぐら。なので、土曜のお昼はナントすでに自分で作っていたのでした。

──────────────
    ある土曜日のレシピ
    "マヨチャーハン"
──────────────

  1. よく熱してない片手ナベにサラダオイルをひきます
    ※決してバターだのエキストラヴァージンオリーブ油とかではありません
  2. メシ投入ます
  3. 炒めます
  4. 片手ナベにメシくっつきだします
  5. でも、フライ返しで頑張ってメシ炒めます
  6. メシ、つぶれます。そして、レンジに飛び散ります
  7. マヨ大量投入します
    ※カップ3/4くらいか
  8. 炒め続けます
  9. マヨの油でぐっちゃんぐっちゃんになります
  10. でも、メシ、片手ナベの底一面にはりつきます
  11. 片手ナベもフライ返しも重くて疲れ果ててきます
  12. 諦めます。調理終了します
  13. 片手ナベから直接味見します
  14. 流しに吐き出します

──────────────
    お味は?
──────────────
マヨチャーハンではなく、マヨおかゆでした
最悪度数:★★★★☆

──────────────
     その後どーした?
──────────────
親にバレると大目玉なので、隣の自動車工場に置いてあった廃車のシートにぶちまけてきました。多分、都会ならば酔っ払いのゲ○だと思われたと思います。
後日、自動車工場の奥さんと母が立ち話してて「なんかねぇ、ノラ犬でも入り込んだのかしら...」と言っていた様なおぼろげな記憶が,,,,

──────────────
  それから十ン年後のレシピ
    "マヨチャーハン"
──────────────

  1. 油なじみのいい中華なべを熱し、一度火からおろして濡れ布巾の上にでも置いてあら熱をとります
  2. ほんのりあったか程度になったら、再び火にかけ、マヨ投入します
    ※大さじ3杯くらいかな
  3. かために炊いたアツアツご飯を投入します
  4. 玉じゃくしで軽く鍋肌に押さえつけるようにして炒めます
  5. 風味付けに、御醤油をちょっぴり加えます
  6. さらに、バターを少々落として、軽く炒めます
  7. お好みで、大葉やアサツキを散らすのもグーです