Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2007.03.24

世界フィギュア 競技終了!!!

世界フィギュアのすべての競技終了!

なんか、もう、胸いっぱい。

今日の女子FPは最終グループの放映が始まった辺りから、30年前の日本のフィギュア界とか思い出しちゃって、本当にもうダメ。
ブログに書いちゃったら、だらだらと取り留めなくなりそうで、かえって何も書けないわ。

自国開催の有利性とか、TVのプロデュースとかすべて取っ払って、とにもかくにも

おめでとう!

と。

TV見ながら、よう、泣きましたよ。この3日間は。参ったね、こりゃこりゃ。

あぁ、明日はエキシビショ~ン。
高橋大輔は「ロクサーヌ」やってくれるかなぁぁ。正直、「オペラ座の怪人」よりも「ロクサーヌ」の方が好き!

2006.04.09

ホントだった!

伊藤みどり氏といえば、先のオリンピック前のクイズ・ミリオネア出演時に自らを「チビ・デブ・ブス」などと評し、見ていてちょっぴり哀しくなるような女性を演じており、オリンピック期間中の特番出演でもすっとばしキャラを発揮していて、「どーしたんだ?いったい何があったんだみどりさん!”第二の松野明美”を目指しているのか??」というような驚きを感じていたものだった。なんとなく、生き残りをかけた必死さのようなものがあって、正直スケートしている姿一番美しいと思っていただけに、ショックだった。

そんな中、トリノ帰りのnojao氏と話をしていた時に、
「数年前までは、細くて綺麗でアイスショーでトリプル・アクセルを飛んでいた」
ということを聞き、俄かには信じられず、疑いの眼差しでnojao氏を見ると共に本当だったらすげぇなぁと。だって、数年前って既に30歳越えてるよなぁ。30過ぎてショウでトリプル・アクセル??うっそーーん!

とか思っていたのだが、探してみたら、あった

何年前かは判らぬが、確かにショウでトリプル・アクセル飛んでいる!しかも細い!しかもメイクとライティングの作用もあるのだろうが、綺麗だ!
って、これトリプルだよねぇ?みどりサンの他の演技のダブル・アクセルと比べて見てみたけど、私にはトリプルに見えるんだけど、ダブルじゃないよねぇ?

と、ますますアイス・ショウが観たくなってしまった。

にくじゅばんはコレを探す途中で見つけたのでした。

2006.04.08

にくじゅばん

まずはコレ↓をご覧ください。


何のショーですかっ!
何のエキシビションですかっ!

2001年の世界選手権?その後のアイス・ショー?

オリンピックのエキシビションでやっていただきたかった<無理だって

にくじゅばんでトリプル×3のコンビネーション!

2006.02.22

主にm-sanへ(笑)

やっぱり、ワダエミはワダエミだったっぽーーーーーー!

と思うのだが、いかがじゃろ?

ちなみに、ニュースでフリーの衣装も見たけど、やっぱりワダエミだった~。

<追記>
サラ・ヒューズが別人になっていて、ちょっと哀しかった...

2005.12.17

フィギュア・グランプリファイナルをTVで観る

いやぁぁ、フィギュアスケートのグランプリファイナル。ちょびっと涙ちょちょぎれてしまった。

浅田真央 すげぇね。よかったねぇ。

トリプル・アクセルはやっぱり今もって、伊藤みどりの88年世界選手権での着地ぎりぎりトリプル・アクセルと、92年アルベールビルでの執念トリプル・アクセルが大好きだし”歴代フィギュア感動ランキング”1、2位なのだけど、今日の真央ちゃんのトリプル・アクセルも中々ドラマチックで素敵だった。

※歴代フィギュア感動ランキングといえば、他には94年リレハンメルのカタリナ・ビットの「花はどこへいった」も泣けたなぁ。うん。

Continue reading "フィギュア・グランプリファイナルをTVで観る" »

2005.06.09

やったね!とW杯予選のおもひで

まーずーわーー

おめでとう~~っ!

だろな、やっぱり。

本日、よんどころない、超緊張を強いられるとある用事のため、悲しいことに後半からの観戦となったわけであるが、まぁ~なんにしても良かったよーーん。
FWがFWらしい点の取り方をして勝つっちゅーのはやっぱりえぇもんだねぇ~。
どうも前半はあまり出来が良くなかったようだなぁ。これからビデオを見ようかと思っているのだが、やっぱやめようかなぁ~。

点が入ればとんとんと2-0くらいいくかなぁとか思っていたし、ドイツへは”行くのが当然”と半ば自己暗示をかけていたので、泣きゃぁしないだろうと思っていたのだけど、家に帰ってTVをつけて、スタジアムの外から日本コールが聞こえた時、ちょっと、いや、かなり胸が熱くなった。彼ら、12番目のゲートのところで応援してたんだってね(感涙)。

でもって、試合終了のホイッスルが鳴り響いたとき、不覚にも涙ちょちょぎれた。

W杯予選8年ぶりだもんなぁ~。やっぱり、独特ですわ。うん。
なんといっても前に予選を勝ち抜いて、W杯出場決めたのは、青梅にいたころだもんなぁ~。W杯予選という大勝負に対して8年のブランクがあるってことで、予選が始まった時は、ホント、かなり不安だったんだよねぇ。

ところで、私は「ドーハの悲劇」と「ジョホールバルの歓喜」という言葉が大嫌い。何にでも何かしらキャッチ・コピーをつけたがる日本のマスコミが大嫌い。気持ちは判るが、イヤ!寒い!最初に見出しをつけたメディアは偉いと思うが、自慰的にいつまでもいつまでもそのフレーズを繰り返す姿勢が嫌い。
とはいえ”史上初の無観客試合”とか”主力不在”(シツレイ!)とか、ドラマチック要素的にはことかかない本日の試合についても、ボキャブラリー豊富な日本のマスコミはこれから何か作ってくれるんだろーなー。

Continue reading "やったね!とW杯予選のおもひで" »