Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2008.01.22

Podcastであの劇団の名を聞く日がくるとは

最近、激込み通勤時には、Podcastを聞いているんだけれども、それは基本的に下記のラインナップだったりする。

雨上がり決死隊べしゃりぶりん
智一&璐美のラジオ腐りかけ!

雨上がりの方は、言わずもがなの二人なので説明省略。

で、もうかったっぽの方は、ドラマCDとかを出している会社提供の声優さん二人のネットラジオ。
関智一朴璐美

声優さんといっても朴璐美は、中谷昇が代表をつとめるきっちり劇団の人だったりするのだが。
昨年夏には、「オセロー」でデスデモーナなんかを演じちゃった女優さんだったりするのだが。
名前は知らないだろうが、うるみ周りなら
★ロラン・セアック(∀ガンダム)だよ と、
★エドワード・エルリック(ハガレン)だよ と、
これで判るだろう。

で、関智一の方は、まーもー本当に色々やってるよねぇ。舞台もやってるみたいだし。
うるみ周りでは、やっぱり
★イザーク・ジュール(ガンダムSEED)だよ と
★鈴原トウジ(Eva)だよ と
★ロブ・ルッチ(ONE PIECE)だよ と
言っとけば判るか?

あぁ、そういえばこの二人、アニメ「NANA」のナナとノブオだ。

で、1/11配信分のPodcastで、朴が「二人で舞台やろうよー」と言い出し、関も「いいね、やろうやろう」と。
お!と思ってちょっとわくわくしたら、朴が「アングラやろーよ」と。
それに対する関の応えが「月蝕とか?」って!

通勤電車で、すっごくニヤニヤした。
まだ見ぬ、憧れ(?)の月蝕歌劇団
そうかー、やっぱ役者さんは見てるんだーと。
最近、舞台をあんまり見てないしー。今年こそはテント芝居と月蝕デビューしてみたいとか、ちょっと野望を抱いていただけに、激しくニヤニヤした。


でまぁ、内容的にも面白いし、役者好きの声優好きだし、好きなアニメの声をやってた人だし、で楽しんで聞いているのだけれども、なぜに今日にこんな風に記事にしたかと言えば。

←これ。ドラマCD「ポーの一族」。
これを買うべきかどうか、かれこれ3週間くらい迷っているのだ。
本屋で見つけて、キャストを見た時には、のけぞった!
 エドガー 朴璐美
 アラン 斎賀みつき
 グレンスミス 関俊彦
 クリフォード 関智一
な、なんつーか、すごい...。
どうやらラジオ関西でラジオドラマでやったものをドラマCD販売しているようだ。
まぁ、原作のイメージはもう個人個人のものなので、再現は無理だと諦めている。それを判ったうえで、買うべきか、、、とか迷うわけだ。
正直、声優好きとか言っといて、ドラマCDの類はこれまでもこれからも買うことはないべと思っていたのだけれど。

買っちまうかもしれぬ...。

2007.12.17

よもや2007年アニメで萩尾望都を感じるとは

金曜日の長時間カラオケのおかげで、喉がやられ、ただいま若干「私は喉からくる風邪」気味なうるみです。
2000年を境に、ぱったりカラオケから遠のき、ここ数年は行っても一年に一回、前回のカラオケは2005年という喉では、歌は歌えねぇ。

で。話は変わって。
現在も、就寝時にアニメかけっぱなしというのは、変わらず続けているのだけれども、最近じゃぁ不眠症?それ美味しい?とばかりに、お休み5分の体質に戻ってきているので、撮り溜めしたアニメがいっかな減らず、見ずに消すが増えてきて困る。

そんな中で、先ほど、ようやく「BLUE DROP ~天使達の戯曲~」っつうのの何話目かを見ていて、ちょっとぶっとんだ。

なに、これ!「トーマの心臓」???

てな、エピソードが出てきていたのだ。

<トーマの心臓>
オスカーの実の父は校長先生。母親の不義の末に生まれたのがオスカーなので、お互いにそのことには触れない。お互いに親子だと判っているけど、知らないふり。
ただたまに校長室で二人で新聞を読んだり。ただ黙っていたり。
ある日、校長先生が病気で倒れる。
そして、オスカーは校長先生の看病へ...


<BLUE DROP>
川嶋朱音は、校長先生の実の娘。
両親の離婚で、父と離れ離れになるも、母の再婚相手と折り合いが悪く、父の学校に入る。
校長先生は朱音に話しかけるが、朱音は結構無視。
ただたまに校長室で二人で新聞を読んだり。お茶を飲んだり、ただ黙っていたり。
ある日、校長先生が病気で倒れる。
そして、朱音は校長先生のお見舞いへ。

がーーー!
まぁ、設定自体はよくあるといえば、よくあるものなので、それはどーでもいいのだが、「がーーー!」と思ったのは、

ただたまに校長室で二人で新聞を読んだり。お茶を飲んだり、ただ黙っていたり。

これを、朱音の独白で語るところと、その新聞を読んでいる時の座り方(位置関係)が酷似なんだなぁ~。
「トーマの心臓」が好きな人なら、絶対に忘れないあのオスカーの独白シーン。

『ぼくたちは さしむかいで新聞を読むのさ
 学校のことや 話しながら 少しのあいだ
 ずっとだまっている時もある』

だもんよー。

そうと思って見てみれば、朱音の特徴がまんまオスカー
・1年留年して年上
・クールな性格の姉御肌
・くわえタバコじゃないけど、いっつもなんか口に咥えている
・短髪くせっけ、ちょっと片目隠れがち

で、ほげっと思ってみてみれば、

・マリ(主人公) ⇒エーリク
それまでは、家庭教師がついていて、学校に行ったことがない。
たった一人の身寄り(おばあさま、エーリクはマリエ)に学校に行くように言われて、自分は見捨てられたと思っている(で、たぶんおばあさまは近々亡くなるでしょう)。
勝気で衝突型のくせに、憎めない性格。

・萩乃 ⇒ユーリ
謎めいていて、大人で、文武両道で冷静沈着。
熱狂的な親衛隊がついている。
転入初日の主人公の首を絞める(ユーリは「殺すよ」って言うは、首絞め&鋏で刺しかけるわ...)。

・船津丸 ⇒バッカス
でぶで、陽気で、包容力あり。

脚本家か原作者か監督かはわからねーけども、アンタ絶対「トーマの心臓」好きだべ!?

さらっとネットを見てみたけど、さすが題材が題材だけに、あんまりそのことに触れている人は少ないみたい。
けど、やっぱ思う人は思うわけだ。

まぁ、オマージュとかトリビュートとかインスパイアとか、色々言いようはあるわけで、それを持って青筋立てるということはないにせよ、あのオスカーと校長先生の新聞読みの座り位置の距離感が、そのまんま使われるのは、やっぱりなぁぁ。

アニメの骨子は、学園生活ではなくて、どうやらSFのようなので、大筋が同じになるということはないであろうが、Wikipediaによると

『なお、異星人の戦艦デザインや戦法など、随所に『宇宙戦艦ヤマト』や『宇宙海賊キャプテンハーロック』へのオマージュが盛り込まれている。』

とか、書いてあって、SF部分がそっち系、人間模様が萩尾望都では、おいおいおいおい。
「モノセックス」の世界も絡むらしく、まさか「マージナル」にはならんだろーなと、要らぬ心配を。

年取ってきて、故淀川長治さんの気持ちがちょっと判って来たあげく、猛烈に「トーマの心臓」が読みたくなってきたうるみなのでした。

2007.11.20

これはきっと無理だ

いくら、うるみまわりがマニアックの巣窟だとしても、きっとコレばっかりは無理だろうと思いつつも、やっぱり書いてしまえ。

銀河英雄伝説でふるいにかけたところに、特攻野郎Aチームは無理がある。
両方見てそうなのは、アリクイさんだけかもしれぬwww

さすが、銀河声優伝説だ!

シェーンコップが違和感なさすぎだ!ローゼンリッター=Aチーム

大昔あんなに嫌いだったのに、富山敬さんの声を聞くと泣けてくる!


2007.11.07

なるほどなぁと思った

Gacktが究極ガンダム・アルバム

Gacktがどんなアルバムをだそーとも、あまり食指は動かないのだが、記事中の

実はGacktは大の「ガンダム」フリーク。

に、なるほど。と思った。
Gacktは「ガンヲタ」とは呼ばれないんだ。
オタクでもマニアでもなく「フリーク」か。
いいじゃん、フリーク。確かに、フリーク。

このアルバム、タイトルがいいね。

2007.09.26

未来はメガゾーン23から?

現代で実生活を送っていると中々実感が沸きづらいのだけれど、30年前と比べれば今はやっぱり21世紀なんだなぁと感じることが時々ある。
ニュートンの「21世紀の生活はこうなる」特集と比べて今の科学の進歩ってどうよ?みたいなことを時折思ったりもするのだけれど、よくよく考えてみればやっぱり30年前と比べれば現代はSFの世界なんだろうと思う。

そういう思いを体感するのに、まさに21世紀初頭に流れていたFOMAのCMが非常によい出来だった。
サラリーマンぽい男性が、タクシーの中でFOMAの携帯を片手にテレビ電話したりする映像に、「流星号応答せよ!」や、009やウルトラセブンの映像がかぶってくるってアレである。
YouTubeで、あのCMないかなぁと思って探してみたのだけれど見つからなかった。

首都高はボロのままでエアチューブなんてどこにもないし、
リニアモーターカーも実用段階じゃないし、
エコカーは走ってるけど、エアカーはまだ走ってないし、
レイガンもワープ航法もまだ開発されてないし、
コロニーへの移民だってまだ始まってない。

現状では、009でもガンダムでも銀河英雄伝説でもなく、どっちかというとメガゾーン23な感じではあるが、着々とテクノロジーは進歩している。

1枚の顔写真から3Dで表情が変わる動画を生成

「VOCALOID 2」日本のアニソン・ジェネレーター

初音ミクは発売以来連日ニコニコ動画の300位までのランキングを席巻中。いい加減飽きてきたが、最初にVOCALOIDのデモを見た時はそりゃびっくりしたもんだ。
この2つのニュースなどを見ていると、近い将来「時祭イヴ」がやってきて「らぶみどぅ・らぶみどぅ・らーみどぅー」と歌いだすんじゃないかなどと思ってしまう。

また、ちょっと毛色の変わったところで言えば、

Vaio Zoomのスリークなコンセプトデザイン
思いっきりコンセプトモデルだが、これなども数年前のなんかのcm(新聞をこういうディスプレイで読んでた)とか、映画「ジュブナイル」の世界だなとか思うわけだ。
ついでにいうと、このデバイスは永らく私の求めるものだったりする。
最近のアニメでも、こういったデバイスはもうデフォルトになっているわけで、ホログラフ・スクリーンもついに夢ではなくなってきたということで、ちょっとワクワクしている。

で、このvaioが発売されたら、当然私は飛びつく。


今、「メガゾーン23」をWikipediaで見ていたら、改めてすんごいキャスト&スタッフだわ。と。時祭イブは今やどこにもいないけども。
一作目の段階で、原画=垣野内成美、結城信輝、北爪宏幸、庵野秀明、梅津泰臣って凄くないか?
へぇぇぇーー。
世界観も、まんま「MATRIX」だもんなぁ。当時、映画見終わった後の最初の感想が「メガゾーン?」だったもん。

 

2007.09.21

また観たくなっちゃったなぁ銀英伝。。。

昨日かな、何気なく録画したなんかの番組を観ていてぶっとんだ。
とっても同じみのクラシックの名曲と耳に心地よいナレーションの音声。
なんぞ!と思って巻き戻してよく観たら。

CR銀河英雄伝説!!!!

パチンコの歴史がまた1ページ!!!

株式会社平和の新機種らしい。
THE VISTA TIMES 平和『CR銀河英雄伝説』展示会とかCR銀河英雄伝説[パチコミ編集部奮闘記]
を見てみれば、

イゼルローン要塞の役モノぉ?トールハンマーリーチぃぃぃ?後世の歴史家リーチとかも書いてるし。

すげぇなぁ、パチンコ産業って。

あ、TVCMは見つけられなかったが、ニコニコにデモ動画を見つけた。CMの方がコンパクトでやる気を起こさせるよい出来だが。あぁ、CM残しとけばよかった。消しちゃったのよねぇ。ちっ。


私、本当にパチンコもスロットもやったことないんですけど。
過去に、職場の懇親会で1度言った事があるくらいなんですけど。
誰かがやってるのを隣で見てみたいなぁあぁ。

それにしても声はどうなってんだろ?本編にはなかったカリンの台詞を三石琴乃が入れているっぽいし、オリジナルか?でもそしたら、ヤンは?オーベルシュタインは?コーネフ(ルパートは出ようがないww)は多分登場しないとして、って!

今、銀河声優伝説の同盟の政治家リストを見ててびっくりした!

ビジアス・アドーラ:梶原善
グレアム・エバート・ノエルベーカー:小林隆
クロード・モンティユ:阿南健治

何やってんの!東京サンシャインボーイズったら!
知らなかったよ、そりゃ知らねーよ!誰だよ覚えてねーよ、そんなチョイ役に参加してたのかよ~!

というわけで、誰かこのパチンコやる時は、声かけてください。隣にひっついて見てます。

2007.07.12

中島脚本ってすてきぃーーー!

えっと、中島脚本と言っても、中島丈博ではなく中島かずき脚本のことなんだな、これが(^^;;
そう、前に書いた天元突破グレンラガン」。その後もづぅっと見続けてます。てか、思いのほか、はまりまくってます。

なぜって、やっぱりそれは中島かずき脚本にやられてーー!というのが一番大きな理由。
もうねぇぇ。カミナというキャラがねぇぇ。いのうえ歌舞伎にまんま出てきそうなイキオイの「アニキ」なんですよ。
ぶっちゃけ、橋本じゅんさん辺りが演じるサマが目に浮かぶような、オレサマで、ちょっとおバカで、無駄に熱くて、でも泣かせるキャラなのよ。

オフィシャルHPで調べたところ、中島さん脚本の回は第1話~第3話、第7話~第9話。
つまり番組の導入部分と、第一部(?)というか前半最大の山場の辺りは中島さん!

ついつい、アニキの名セリフをつい書き起こしてみたりして(^^;;

お前のドリルは天を突き破るドリルなんだよ!
オレには判る!
理由は聞くな!

と、何気にタイトルコール半分してみたところで、理由は聞くな!(笑)
で、突然現れた敵に向かって、名乗りを上げる名セリフ。

ジーハ村に悪名とどろくグレン団
男の魂 背中に背負い
不撓不屈の 鬼リーダー
カミナ様たぁ オレのことだ!

更に更に、こげな新感線ちっくな素晴らしい啖呵までぇ。

一度故郷を離れたからにゃぁ
負けねぇ、引かねぇ、悔やまねぇ
前しか向かねぇ、振り向かねぇ
ねぇねぇ尽くしの 漢意地

とか、

真っ赤な太陽 この手で掴みゃ
凄く熱いが 我慢するっ!
意地が支えの 漢道
カミナ様たぁ オレのことだ!

とか。どーよ。もーーー、判るでしょーーー。
喋りのテンポ、声の抑揚、新感線をご覧の諸兄よ、あのまんまっすー!一番近いのは、アオドクロの”こぶしの忠馬”の口上かもしんない(”抜かずの兵庫”じゃなくてね、カミナ若いから)。更に、下記の二つはその後の回までも影響を及ぼす名セリフーーー。

無理を通して道理を蹴っ飛ばすんだよ!

オレを信じろ!お前を信じるオレを信じろ!


他にもアニキの名セリフは山のように!
しかし!最初からこんなにすっとばして、今後大丈夫かよアニキ!とか思っていたら...

えぇぇーっと、私の周りでこれから観るからあらすじは言っちゃダメっって人はいなかろーと思うから言っちまいますが。

アニキ...8話で死亡....orz

さっきの名セリフは、弟分であるシモン(主人公)に発破かけるセリフなのだが、8話ではこんな素晴らしすぎる活用形で、アニキの遺言に。

オレを信じろ!お前を信じるオレを信じろ!
  ↓
お前を信じろ!オレが信じるお前を信じろ!
  ↓
お前を信じろ
オレが信じるお前でもない
お前が信じるオレでもない
お前が信じるお前を信じろ


うわぁぁぁぁぁぁん。楽しみが8割減。
しかし、その死に様も、まさにアニキな感じっす。
とか思っていたら、ニコニコでこんな動画を発見。

本当のことを言えば、実はこの動画のことが書きたくてこの記事を書いていたりするわけだ。
なんかねぇぇ、ニコニコの動画でここまで泣いちまったのは、初めて。アスカのヤツの比じゃなかったりするんだけども...でもって、コレ見たら、アニキ好きが更に高まちゃったのよねぇ。
これ、もしかしたらグレンラガン見てなくても、歌詞と弾幕で泣ける動画なのかもしんないわ。
最初はね、開始時にこんなニュースもあったくらいだから、実は評判悪くてコレもネタ扱い??とか思ったりもしたんだけど、なんか見ているうちに他人の評判なんてどーでもよくなっちゃったわ。

この動画のねぇ。「アニキ、シモンはやったよ」とか「シモンは元気でやってるよ」みたいなシモンのその後をアニキへ報告するコメントとか、「アニキ、次の就職決まったよ」みたいな自分の近況みたいなコメで妙に泣かされた。

ここまで、うるみプッシュを聞いて興味を持った奇特な人は、↓から見てみよう(笑)


世界三大アニキは判らんが、中島三大アニキは
・良いアニキ=抜かずの兵庫(髑髏城の七人 アカドクロ)
・悪いアニキ=ライ(朧の森に棲む鬼)
・良いアニキ=カミナ天元突破グレンラガン

かもしれんとか思い出してきた今日この頃。


さて。今後だが。
「からくりサーカス」のナルミみたいに散っていったアニキ。ナルミ同様復活の可能性はーー?とか期待しているわけで。
シリーズ構成がなんと言ったっても中島さんなわけだし、これでアニキがサヨナラなんて、100%有り得ないと思っていたりするわけだ。

実際に、橋本じゅんさんが演じるならば、間違いなくキタンだろーなぁー。

2007.05.27

危うく泣きそうになった in ニコニコ

基本的に動画は、面白系で、かつこれからはランキング版の方で書こうと思ってたんだけど、、、
先週か?から異様にはまりこんだエヴァのMADがあって。
ほぼ毎日観ちゃってくらいの麻薬効果で。
さきほど堪らず、とるとるにメールしたら「ブログにも書きなよ」と言われ、やっぱり記事にしちゃった。。。

これ↓ EvaのTV版も劇場版も観ているとか、アスカ好きなんじゃーという方は観て。

Continue reading "危うく泣きそうになった in ニコニコ" »

2007.04.18

毎度毎度すんません...

でも、見つけちゃったのっす。
自分的にはかなり受けちゃったのっす。

これ↓ 全部みなくてもいいかな。。。半分くらいで十分。

例によって例のごとく、ニコニコIDもってらっさる方は、こちらを見て。

うるみ周辺の方はわからないかも知れない...。
昨シーズンあたり、やたらとパロディ含めて話題になった「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメのEDで「ハレ晴れユカイ」という動画があります。どんな風に盛り上がっていたのかは、Youtubeの検索結果を見ていただければわかるかと....

様々な派生作品が生まれたのですが、ちょっとこれははまりました。現在メッセステータスが絶賛ジブリ中なのもあいまって...。


ちなみに、今期おなじよーなイキオイで人気がでそう?なのがこれ
よそのブログで「電波系ソング」とかかかれてた。そういうカテゴリ??


2007.02.28

みごとな編集だ! ガンダマーは見てねん

マイミクさんがちょっと前に日記に書いていたのだけど。

これ

見事な編集!
この手のはドラえもんエターナル」を始めとして、いろいろあるけど、ナイスな編集だぁ。


見た後に読んでね↓

Continue reading "みごとな編集だ! ガンダマーは見てねん" »