Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 憧れのパライバ再び | Main | 新しいのと古いのと »

2007.02.23

蒼き狼 地果て海尽きるまで ワールド・プレミア

ページタイトル: 蒼き狼 地果て海尽きるまで

URL: http://www.aoki-ookami.com/

サムネイル画像:

コメント:
金払って観る気はないけど、試写会なら行きたいと思っていたら、同僚がワールド・プレミアの招待状をゲットしてくれた。

ということで、昨日は国際フォーラムAホールで行われた試写会に行ってきた。
プレミアの何相応しくお金をかけた催しであった。
普通、試写会の場合にはそえr用のパンフレットなどが配布されるのだが、それがまぁエライ立派。
なんぼ金かけてんねん。

舞台挨拶の前に主題歌生披露。
舞台挨拶の前にモンゴルの戦士達が舞台上に登場するパフォーマンスつき。
これは、ブルーライトの暗転とか、スクリーン越しのシルエットから、軍隊がばっと出てくるとか、ちょこっと新感線テイストでかっこよかった。が、軍隊がだらだらと動いていたので台無し。新感線に演ってもらえよ。と内心突っ込み。

で、舞台挨拶だが。
なんというか、みんな緊張してるの?って感じで、いまいちカミカミな感じの挨拶が続く。そんな中で、もっとも挨拶としてきっちりしていたのが、松方弘樹。コメントの長さといい、声のトーンといい、サスガだなぁと感心した。
どーでもいいかもしれないが、「本日は、本当にありがとうございました」っていう言葉で挨拶を締めくくるキャストが多数で。「ありがとうございます」過去形かよ~。とか、いや、まだこれからなんだけど、これで帰るんじゃないんだけど。とか、重箱の隅をつつくように内心突っ込みをいれていたのだが、松方だけが「本日はありがとうございます」という言葉で締めくくっていたのにも、感心してみたり。

さらに、原作者の森村誠一の挨拶は、やはりさすがの言葉の美しさというか。平坦な言葉ではなく、中々に美しい単語選びで挨拶されていた。かつ、前にTV特番でも披露してた、「チンギス・ハーン書け」エピソードもまぶしながらの、森村誠一と角川春樹のつながりを感じさせる話っぷりで、ちょっと目頭が熱くなった。
内田康夫や筒井康隆、栗本薫らと共に初期のハルキ文庫を彩った森村誠一。このラインナップをみても春樹のこれまでの人脈が感じられて胸を打つ。

この映画の見所は、やはり角川春樹なんだと思う。
なんだーかんだーといいつつも、プロデューサとしてのこの人の手腕は凄いと思う。金の集め方もそうだし、人つながりも含めて。
「やりたいっ」っていう思いを現実にする力を持ち合わせている人。なかなかいない。


以下、映画自体の感想。読んだら見たくなくなると思うので、注意。

評価: stars

評価者: うるみ

評価日付: 2007-02-23

  generated by feedpath

期待通りというか、期待以上というか。
きっとアレな感じなんだろーなぁぁぁ。と予想していたのだが、予想以上にアレだった。
映画の感想を一言で述べるならば、、、、、

大河ドラマで年末に何夜か連続でやる総集編をさらに二時間にしたヤツ

なんで、こんな構成&編集にしたんだ!と、小2時間くらい問い詰めたい気分にさせられた。
なんで、愚直にテムジンが生まれる前からを時系列順に見せるのか。回想でじゅーぶんじゃん。
なんで、愚直に原作のスジ全部やろうとするのか(多分)。人生の一部分だけフォーカスでも十分じゃん。

原作本を読んではいないのだけれど、森村誠一のたんたんと一見重要エピソードとも思えないような見せ方で、エピソードを重ねて行き、最終的に大きな感動を生むという文体が大好きなのだけれど、それを2時間の映画で再現することはほぼ不可能。

なぜ、そこで思い切って切り捨てることができなかったのか。
夫婦愛
友情
親子愛
これらすべてをテンコ盛りにする必要などないのに。

シーンとシーンのつなぎにも、なんの工夫もなく、ただ単にぶっつなぎである。
はぁぁぁぁ?という間に時間や場所が変わっており、人生全部を見せられてもきっと物語の本当の広大さは理解していないに違いない。

各シーン、各シーンでの役者陣の演技は見事なものだった。
特に反町は、大河「利家とまつ」での信長様での開眼そのままに、王者の風格というか威厳というものを力を入れて演じていた。

だが、エピソードとしての見せ方がまずいがゆえに、その力の入った演技も空回り感が否めない。
略奪された妻との再会
友をその手にかける瞬間
我が子を失うその瞬間
それぞれ、非常にぐぐっとくる演技をしていたと思うのだが。ダイジェストでいきなりその場面を見せられたという感覚で、まったく感動できない。

モンゴルの空、草原、馬達、遠くに見える山々、群集。というものを見ると、えぇ確かにこれは映画でやるべき映像だという気にさせられたが。

♪蒼き狼♪♪反町隆史♪♪角川春樹♪♪森村誠一♪

« 憧れのパライバ再び | Main | 新しいのと古いのと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蒼き狼 地果て海尽きるまで ワールド・プレミア:

» 「蒼き狼」が訴えられる [『蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜』]
1億5000万円の損害賠償を求める訴訟 [Read More]

« 憧れのパライバ再び | Main | 新しいのと古いのと »