Recent Trackbacks

June 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 蒼き狼 地果て海尽きるまで ワールド・プレミア | Main | 食材:乾物ラインナップ »

2007.02.25

新しいのと古いのと

えぇ、もう、だいぶ前から欲しかったんだけどね。

まるでショー・ウィンドウに飾られた、輝くトランペットだの、ハーモニカだの、ボナールの絵を見て心ときめかせる少年のように、近所のベスト電器やら、渋谷のビックカメラだのに足しげく通い、欲しいなぁ・欲しいなぁと1年も前から指を銜えていたのだけどね。

ついに、買っちゃったよ。

VAIO type T:VGN-TX93HS

ローンで!

PCをというか、電化製品をローン組んでまで買うのは生まれて初めてだったりする。それ程までに欲しかったのだ。
SonyStyleのオーナーメイドモデルで、CPUとHDDは一番高スペックに。そんかし、Ofiiceなし、VistaはBasic、ワンセグチューナーなし。

色はロゼ。
本当は白にしようと思ったのだけど、イマイチつや消しな感じでいい白じゃなかったので。白はやっぱりMacの白が最高ね。

なんでこんなにも欲しかったかというと、、、オフィスで仕事をするのがイヤだから(^^;;; (ファミレスで仕事したかった。。。社内セキュリティに関してゆるゆるな会社だからできることなんだが)
まぁ、とにかく、持ち運びできる1kg弱のノートが欲しかったのだ。

この1kgというのがハードル。ぶっちゃけ、TypeTとLet'sNoteくらいしかないんだから。
正直、Let'sNoteにしようかとも思ったのだが、やっぱりvaioのデザインが好きで、好きで。周りに「ヴぁぁぁぃおぉーー?」と言われようがなんだろうが、好きなんだからしょーがない。

とはいえ、とんでもなく高額になってしまったこの持ち歩き用PCの返済を少しでも楽にするために、手持ちのvaioを下取りに出すことにした。

SONY PCG-C1VR/BP
2001年くらいに、衝動買いしたこのノート。
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」ロケ地めぐりや、「Love Letter」ロケ地めぐり、劇団☆新感線「SHIRO」名古屋公演遠征にも連れて行った愛機であった。

超コンパクトボディでキーボードのスティック型ポインティングデバイスが使いやすく、大好きだったのだが、どうしてこのサイズを作るのをやめてしまったのだソニー(仕様はここに)。
XPが出て、動画がらみの仕事をするようになってからはさすがに、CPU的にもメモリ的にもキツくなって中々使わなくなってしまったのだが、今もって需要があるのか、写真のように中古ショップには並んでいるらしい。

で、さすがに2001年のモデルでは買取でも数千円程度だろうと思っていたのだが、追加買いした長時間用バッテリーと合わせて、25,000円程度の査定になりそうだ。
ラッキー!

いっそ、今おうちでのメインマシンであるW121も下取りにだしちゃうかとも思ったのだが、type Tをメインマシンにするのもちょっとイヤだったので、まだもうちょっとメインの位置はキープ。だが、今年の年末あたりにはまた買い換えたい病が発生してしまうような気がする。

さよなら!C1!

さーて、通信カードどーすっかなぁぁ。

« 蒼き狼 地果て海尽きるまで ワールド・プレミア | Main | 食材:乾物ラインナップ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

持ち運びよいね~。
いまだにでっかい画面(昔のテレビみたいなぐらいでかい)を
使ってる私はノートってだけで(^_^;)
しかし、色の違いがわかりづらい。。。
黒っぽいのが3つも・・・。

黒・グリーン・ボルドーだね。
ボルドーは中々いい色なんだけどね。ロゼと最後まで迷った。

ノートってどーしてあんなに高いんだろー。
でも、私はでっかい画面が好きさ!

あー、言ってくれればオーナーメイドモデルだったら
少し安く購入できたのに。。。。

5%+3%引き程度だけど。

って俺が言わなきゃそんなのわからんですよね。

>もぐさん!!!

なんですってぇぇぇぇ!
年末に向けてのメインマイン買い替えの時には是非!
あ、でも、きっとローンきかないでしょう?
SonyStyleの金利1%ローン。

私のニコニコローンを組んであげます( ̄ー ̄)

こわいローンじゃんかーー。

昨日の「SMAP×SMAP」見ましたか?
全世界のプレイヤーと協力・対戦も可能。
また、東京や福岡といった激戦区にある買取店も、高価買取を目指すうえでは良い選択肢となります。
ポケットウォッチが初めてリストウォッチとして使用されたのが第一次世界大戦。
ベル&ロスは、高校時代の友人同士であったブルーノ・ベラミッシュ氏とカルロス・ロシロ氏が理想の時計を求めて1991年にパリにて創業した、老舗が多い時計業界ではかなりの新星というべきブランドです。
すなわち、時計には必ず視認性・機能性・信頼性・高精度の基本原理4つを盛り込むこととし、実際の職業軍人やプロフェッショナルの使用を前提とした高機能の時計をブランドコンセプトとしていました。
近年、機能性とユニークなデザイン性を兼ね備えたベル&ロスの時計は、中古時計市場で人気が高まり、高価買取査定となっております。
ドイツの腕時計ブランドジン(Sinn)をリスペクトし、共同で腕時計を製造したことからベル&ロスの歴史は始まります。
ベル&ロスは製造工程の工夫やムーブメントを汎用エボーシュ(ムーブメント製造会社が供給する未完成ムーブメントのこと)に絞ったことなどから、コストを抑えることにも成功。
共同製造は終了し独立した今なおジンと並ぶマニアにはたまらないハイスペックさ。
一目見ると忘れられない独特な四角いフォルムなど、ファンを魅了してやみません。
そして大迫力のスクエアーケースにも注目が集まりました。
航空機のコックピットクロックをそのまま時計にしたかのような外装は、一目で新しさや独創性が感じられます。
ケースがスレにより塗装が剥げ、下地が見えている部分などがありましたが、ここまでの金額をご提示しました。
BRシリーズはその後42mmサイズでデイト表示が加わったBR03、レディース向けの39mmのBRS、そしてトノー型のBR02をラインナップ。
様々なブランド時計の販売・下取見積をご提供しております。
一般的なメンズサイズが40mm、「デカ厚」時計の火付け役であるパネライウォッチですらベーシックサイズは44mmですから、そのボリュームの大きさと思い切りのよさは想像に難くないですね。
フランスのラグジュアリーブランドに位置付けられながらも、モデルによっては20~30万円台で手に入れることもユーザーには嬉しいポイントです。
平均して30〜60万円台の腕時計が多いので若者向けというより少し余裕のある30代40代男性におすすめします。

ブランドコピー https://www.cocolv8.com/watch/product-14663.html

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新しいのと古いのと:

« 蒼き狼 地果て海尽きるまで ワールド・プレミア | Main | 食材:乾物ラインナップ »