Recent Trackbacks

September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 最悪の一日(BlogPet) | Main | 2足歩行ロボット »

2006.09.03

すげぇよ21世紀 ロボットの権利条約もいずれくるな

一旦書き出せば、後は汲めども尽きぬ泉のよーに、絶賛更新中~。

この動画を見て初めて知ったのだけど、BigDogって知ってます?

このページの右下にあるVIDEOをまずは見てくれろ。

すごくない?
ねぇ、すごくなーーい??

お、YouTubeにあったぞ。

上記のページをページ翻訳して読んでみたら、面白い動きとは裏腹に、ほんとーにちゃんとロボットだった<なんつー日本語だ。

『BigDogは、ロボットのボストンDynamicsファミリーのアルファ男性です。それは歩く四足獣ロボットであって、走って、起伏の多い地形の上に登って、重い荷を運びます。BigDogは、水圧作動システムをドライブするガソリンエンジンで動かされます。BigDogの脚は動物のもののように明瞭に表現されて、ショックを吸収して、1歩から次までエネルギーをリサイクルする対応する要素を備えています。BigDogは大きな犬または小さなラバのサイズです。そして、長さ1メートル、高さ0.7メートルと75kgの重量を計ります。 』

『これまで、BigDogは3.3mphで駈けて、35度斜面を登って、120ポンドの荷を運びました。』

mphってなんだと思ったら、マイル/hってことなのね。
時速5.3kmで、54kg程度を運んだことがあるってことらしい。
軍用の荷役ロボとして開発されているものらしいのだけど、はぁぁぁ、やっぱりこういうのは軍需産業から生まれてくるのねぇ。
なんか、ものすごく、実用重視っぽいよね。日本の二足歩行ロボットのなんとなく、ほんわかした雰囲気は微塵も感じない。
怖いくらいに実際的で、利用シーンもなんだか簡単に思い描けてしまいそう。
 

昔、某映画監督に「どうして二足歩行のロボットの開発にあんなに熱心なんだろう?」と言われて、「作業シーンとして人間の動きと同じことが求められるような環境ってのがあるからじゃないっすか?」とか適当なことを言ったことがある(笑)。
まぁ、その後イロイロつっこまれて、最終的には「結局のところ、みんなアトムが作りたいってことじゃねぇでしょうか?」と降参したのだが。

しかし、BigDogの動きを見ると、成る程完璧な四足歩行が実現できれば、キャタピラでもムリがある悪路での作業に使えるんじゃないのか?やっぱり。という気がしてきたぞ。

蹴りを入れられても健気に働くBigDog...。一瞬、アトムやらプルートゥでの”ロボットの権利”が頭をよぎったりもした。

いやぁ、それにしても久々にロボットを見て鳥肌が立った~。
やっぱ先行者じゃダメだよ(www

何気にロボット率が高い、うろうろ版であった。


これ、今年の3月にはすでに話題になっていたのね。この辺で。
すげぇなぁ、さすがだわ。

« 最悪の一日(BlogPet) | Main | 2足歩行ロボット »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

一言思いついた。
「フレンダー じぇっと!」

>アリクイさん
判んなくって、検索しちゃったじゃないの。
キャシャーンね?キャシャーンの何かね?

この記事に出てくるAdSenseの「2足歩行ロボットの販売」がえらく気になって、ついついクリックしちゃった(ww

「蹴り」がいずれロボット虐待ってことになるのかなぁ(笑)

関節の曲がってる方向のせいなんだけど
人が向かい合って荷物を運んでいるように見えます。
なので、背中向きで走ってる感じがして
どこかにぶつかりそうな不安な気持ちにさせますね。

>もぐさん

「えぇぇぃっ、もたもたするな、このクズロボットめが!」
「申し訳ございません、ご主人様」
とか言うようになれば。

そうそう、なんともキモチワルイ動きざんしょーー。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference すげぇよ21世紀 ロボットの権利条約もいずれくるな:

« 最悪の一日(BlogPet) | Main | 2足歩行ロボット »