Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.21

爆発

働き出した途端に、これまで押さえていた物欲が爆発した。自分に甘く、祝・転職ということで、買い捲ってしまった。しかも、安いものばかり...。

まず、靴。
靴はここ二年ばかり買っていなかった。なので、手持ちの靴はもうだいぶくたびれたものばかり。ということがあるにせよ、これまで靴だけはネットで買わないよなぁ、やっぱり長く履けるいい靴を買おうとか思っていたのだが、突如、仮に足に会わなくてもイイ、安くてワンシーズン履ければいいさぁ!という靴が欲しくなった。
ということで、めったに買わないカラーパンプスを中心に買いまくった。

Continue reading "爆発" »

2006.03.14

初日終了

つ、疲れた。
ねもい!しかも寒い!

9:00に出社して、退社したのが22:30。
飲み会というわけではなく、ごく当たり前のように仕事が始まったのでした。

大変だけど、楽しい~!

という予感の初日。
これから、凹んだり、憤ったりするんだろうけど、今のところは楽しい感じ~。

今度の職場は、深夜バスはあるし、近くに女性専用スパはあるしで、心置きなく遅帰りができそう...。
いいんだか、悪いんだか~(w

2006.03.11

ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女

ボロボロ...25年たってるからなぁ本当は今日は「有頂天ホテル」を観に行くつもりだった。なのに、ネットで予約したのは「ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女」だった。しかも、プレミアスクリーン(¥3,000)を予約してしまった。
一度は、大好きな映画を贅沢シートで観たいと思っていたのでいいのだが、何故にキモチが変わったのかは謎である。

プレミアスクリーンのことをちょっと。いやぁ、良かった。当たり前だ¥3,000だもの。これからもコレは!と思った大作はここで観よう。

さて、以下感想。
当然ネタバレだらけ。

Continue reading "ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女" »

春の味

先週末、実家に帰省した。
昨年は、病気入院するわ、会社やめるわ、年末年始も帰らないわで、いい加減一度帰らないとと思っていたので、転職先が決まったのを期に帰ってみたわけだ。

帰ってみれば、母は新しい趣味に精を出しているわ、父は今までも趣味だった”自家製○○”のラインナップを増やしているわ、まぁ楽しそうに暮らしていてよかった。

ウチの実家は田舎なので、庭がそれなりに広い。今や時間を持て余している父の手によって、家庭菜園も始めたようだ。その農作物を私にも送ってくれぃ!とお願いしているのだが、中々送ってくれない。加工食品は山ほど送ってきてくれるのだが...。
今回帰ってみて驚いたことに、いつの間にやらウチの庭にフキが発生するようになったようだ。帰った夜の食卓には、母が作ったフキミソが並んだ。スリコギで味噌とフキノトウを練り合わせた素朴な一品。爽やかな春の香りと苦味が堪らなく美味かった。

Continue reading "春の味" »

2006.03.09

滝沢演舞場 3/8

新橋演舞場の「滝沢演舞城」に行ってきた。
行きたいなぁとは思ったが、チケット取得が難しそうで早々に諦めていた舞台だ。ひょんなことから、チケットを譲っていただけて、うほうほなキモチでseiko将軍と観てきた。

細木数子は紅いバラ一度は観てみたいと思っていたジャニーズ・プロデュース公演。座長は勿論、タッキーこと滝沢秀明だ。以下、横山裕(関ジャニ∞)、大倉忠義(関ジャニ∞)、他全然知らないYa-Ya-yahやらA.B.C.やらKis-My-Ft.やらのメンバーとジャニーズJr.大勢。

ロビーには、細木数子、三輪明宏などからの花がいっぱい。殆どが胡蝶蘭の中、細木数子の真紅のバラが目立っていた。

以下感想。例によってネタバレ。
どっかの検索結果にこの記事がひっかかって来た、これから「滝沢演舞城」を観るという人は、絶対に読まない方がいい。

Continue reading "滝沢演舞場 3/8" »

2006.03.08

春一番 吹いたあとの 別れ

思えば永い付き合いだったね。

中目黒で働き出した1ヵ月後からの付き合いだから、4年目突入の付き合いだったね。

激動の時期を一緒に乗り切ったね。

眠れない夜も、酔いつぶれた夜も、骨を折った夜も一緒だったね。

一緒に色んな人に逢ったね。

私が芝居を観ている時は黙って待っててくれたね。

あなたの魅力を存分に理解できなかった私を許してください。

本当にありがとう。

そして...

サヨナラ...

Continue reading "春一番 吹いたあとの 別れ" »

2006.03.07

ヘタレ転職日記 イレブンナイン

そういえば、ブログにきちんと書いてなかったので、ご報告をば。

仕事は正式決定。
99.99999999%決定。のハズ。

唯一気がかりだった年俸は、おおっとビックリ希望額の最高値を提示していただけて、これで何の憂いもなく入社することができるーー!という状態に。

3月13日から社会人復帰。

本当は、正式書類が郵送でくるとのことだったので、その書類を出したら”入籍”と銘打ってブログを書こうと思っていたのだけど、もうすぐ入社なので、入社当日に渡します~ということになったらしい。

あと、5日。この間に「何かあったらダメになる」可能性は0%じゃないけど、まぁ殆ど限りなく決定で大丈夫だろう。うぅぅぅ、元来のビビリがここにも出ていて、未だに心配しているあたり。

まずは、ヘタレ転職日記は完ってことで。

新会社は、知っている人は知っているが、みのみのと同じ会社です(w
ご近所の皆様、今後ともよろしくお願いいたしますです。

2006.03.04

SB→v

ソフトバンク、ボーダフォン買収へ

やぱし、きたねーー。

2006.03.03

実はモード市場

民主党の永田議員の騒動は、メール内容とか、攻め方とか、党の対応とか、本人の謝罪会見とか、何かやるたびにツッコミどころ満載で、もう呆れるを通り越して楽しくなってきたところだったのだが、反面どーでもいいですよという感じもして、非常に冷めた目でTV報道を観ていたもんである。

昨日は、永田議員が国会本会議場の場で武部幹事長に詫び入れというパフォーマンス。殊勝な態度に薄ら寒いものを感じつつ、私の目は主題とは違うところに惹きつけられた。
国会と言えば、議員の先生方。おっさん、じいさんを含めた国家の重責を担うトップのお偉方が集う場所である。そういう場であるから、楽しみと言えば勿論、

スーツ

である。政治と政党に嫌気がさしているので、これしか楽しむモノはないだろう。そうだろう。

Continue reading "実はモード市場" »

2006.03.02

Yahoo!360°

Yahoo!JAPAN360°がついにリリース。早速招待いただいたので、登録してみた。

が、しかし。写真とかプロフィールを設定しようとしても、

『ページが見つかりません。
入力されたページは見つかりません。
もう一度URLをご確認下さい。』

って出る~!
うー、まだβだからね。アクセスも急上昇しているそーだからね。しょうがないね。

まぁ、ゆっくりゆっくり試してみよう。
機能的にもまだまだこれから増えて行くのだろうし。

よさ気なのは、友達にタグをつけて、タグベースで公開情報を設定できそうなとこかな。
イキオイこんで友達登録したものの、後になってみると「この人に日記読まれたくないなぁ」などということも何とかできそうだ。
後は、自分のページの背景を変えられるとか?

360°参加してみたい方~?いる?いたら招待するで?

<追記>
このブログは知り合いしか見ていないと思って、書かなかったのだけど、一応書いておきまする。
招待は、リアルで会ったことがある方限定っす(^^;;

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

本日、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観てきた。

えっ、いまさら?

あぁ、そうさ。いまさらさ。今頃さ。「ライオンと魔女」の先行上映が始まっている今頃さ。
「いつでも観に行ける」とか思っていたら、うっかりこんなに遅くなってしまった。気がつけば、渋谷も新宿も池袋も上映が終わっていて、都内では品川のアイマックスシアターでしか公開してないときたもんだ。
折りしも今日は映画1,000円の日。今日を逃したらきっと観ないに違いない。ということで冷たい雨のなか、わざわざ品川まで観に行った。

こんな状況にでもならなければ、絶対こなかったと思うアイマックスシアター。いやぁぁ、良かった。ここで観てよかった。初めてのアイマックスシアターだったのだが、「炎のゴブレット」大正解。
正直、スクリーンがでかすぎ!で、字幕は読みづらいし、派手な動きは酔いそうになるし、このスクリーンでスター・ウォーズなんて観た日にゃぁ、首が痛くなるか気持ち悪くて吐きそうになるかのどっちかだと思うのだが、ハリ・ポタの場合はストーリーが頭に入っているから、そんなにやっきになって字幕を追わなくてよいのが幸いした。
冒頭の、クディッチW杯がすごい良かった。鳥肌が立つほどにいい出来だ。この冒頭シーンを観る為だけに、もう一度アイマックスシアターに行こうかと思うくらい。
ま、あとのシーンは、視界以上にスクリーンがでかい!というくらいでかいので、若干疲れるのだが。

観終わって品川なのをいいことに、とるとるを捕獲し、無理やりお茶に誘って、本人は公開後かなり早い時点で観ていて今や記憶の彼方なのに、ハリポタ話につき合わせてしまった。すまん!だって、興奮してたんだもーん。

以下、感想。もう公開は殆ど終了だけど、これからDVDで観るんだから~という人は、読んではならぬ。

Continue reading "ハリー・ポッターと炎のゴブレット" »

« February 2006 | Main | April 2006 »