Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 美味かった名古屋・焼津 地場モノ部発足(BlogPet) | Main | 昼ドラ:続・頼む!カンベンしてくれ! »

2005.11.13

ネットサービスとファンサイトを見ながらSAMURAI7に思いを馳せる(^^;;

最近、ちょびっとはまっていること。
それは、はまったアニメのファンサイトを除き見ること(笑)。ガンダムSEED DESTINYとかSAMURAI7とか...。
まぁ、同人系腐女子の皆様の熱気にやられつつも、たまにものすごく上手い方もいらっさったりして、中々に面白い。

だが、今回久々にファンサイトを覗いていて一番驚いたのは、そのネットサービスの使い方だったりする。
フリーHP、ブログは当たり前なんだけど、そこに「絵茶」とか「オエビ」とかいう言葉をよく見たりする。なんだろなーと推察するに、絵チャットとかお絵かきBBSとかそういうことなんだろーと思う。つまり、BBSやチャットに自作の絵をアップロードして楽しむってことなんだろうな。BBSの画像アップロード機能ってのは知っていたけど、どうやら絵茶においては、一つのキャンバスを複数で共有=合作なんてこともできるのかな?それとも誰か書いた画像に上書きして足していくとかそういうことなのかな?
どうもね、こういうコミュニティサービスって自分では本当に使わないので判らないのだけども、これをやってらっさる方々が非常に楽しそうだ。同じサークル仲間同士、はたまたネットで知り合った同好の士同士、思い思いにお題を出し合いながら、絵と文字でコミュニケーションしているっぽな感じが、はぁーー満喫しているなぁと。

やれるだろうことは容易に予想がつくのだけど、おそらく提供側としてはそれを意図してプロモーションはかけないだろうなぁというところで、皆様使いこなしてらっしゃる。ネットサービスの使いこなしって、やっぱりサービス提供側が推奨するものとは違う次元で盛り上がるんだなぁと、久々に実感しましたですよ。”できること”と”楽しむこと”には、まだまだ差異があるというか。こういうのを見ると、一番最初に思い浮かべてしまう成功例は、やっぱり写メールだったりするんだけど。奥が深いですな、ユーザサービスは~。

七人の侍 ◆20%OFF!で、「SAMURAI7」でございやすが、言わずと知れた巨匠・黒澤明「七人の侍」を原作とする、GONZOのアニメ。先日までANIMAXでやっていたのを、ちまちまと観ていたのだが、なかなかの出来でござった。

以下、「七人の侍」と「SAMURAI7」のネタばれ感想あり。

黒澤「七人の侍」は、社会人になってから渋谷の映画館でリバイバル上映をした時にやっと観たくらいだから、開眼が随分遅かったといえよう。正直ね、「古い白黒映画だ」と思ってクロサワには興味なかったのでありやす。<ばちあたり
で、予想の範疇通り、ノックアウトされたですよ。完膚なきまでに。
7人の侍のキャラ立ちぶりといい、もはや伝説の域にあると言っても過言ではない、土砂降り決戦シーンのド迫力といい、野武士に浚われた女房の退廃的な眼差しと、夫と再開した時の恐慌ぶりといい、脚本もカメラワークもONの迫力とOFFの粋さがたまらない魅力。

特に、惚れてしまったのが久蔵サマ。これまた予想の範疇で申し訳ないが、惚れるだろうあれは!女子ならば!!
寡黙で冷静でストイックなできるヤツ
ツボつきまくりだよ。勝四郎の
「あなたは素晴らしい人です」
は、女子の...いや私の心の叫びだよ。

SAMURAI7 第4巻 通常版【JDD-1842】=>18%OFF!SAMURAI7 第4巻 通常版で、「SAMURAI7」なんだけど、「七人の侍」を原作にいったいどうアニメ化するつもりなんだ?と思っていたのだが、SF設定を持ってきたよ。野武士(野伏せリ)をメカ化したりしてきたよ。まんまの時代劇やら西洋化されても面白くないと思っていたので、ぐっじょぶ。
さらに、7人のお侍様のキャラ立ちぶりが、ぐっじょぶ。エライっす。
三船の菊千代の素晴らしいキャラに一体どんなキャラデザインを当てるのだ?と思っていたキクチヨは、なんと機械の体に。まぁビジュアルがなぁ~、難しいもんなぁ。はまっているし良しとするわ。
←ほれ、キクチヨ。

SAMURAI 7 第1巻 通常版カンベエがとにかくかっこよい"おっさま"でねぇ。見た目これまたGONZOの「岩窟王」のモンテ・クリスト伯爵なんだけども(笑)。
←これが"おっさま"カンベエ。
ヘイハチ、シチロージ、カツシロウもそれぞれ、よくぞ!というくらい原作からインスパイヤされたキャラぶり。

SAMURAI7 第5巻 通常版【JDD-1843】=>18%OFF!SAMURAI7 第5巻 通常版特に感涙だったのが、キュウゾウ。
久蔵サマのイメージを踏襲してくれてる。<当たり前だけどー。
←腐れ好みの細身金髪ストイックなキュウゾウさん。

名台詞も軒並み登場。勘兵衛の「この飯、おろそかには食わんぞ」やら菊千代の「百姓ってのはな!」やら五郎兵衛の「ご冗談を」やら~。勿論、勝四郎の「あなたは素晴らしい人です」もありあり。もう笑うしかない。

とはいえ、原作を知っている身としては、いくら惚れても久蔵さんは...(泣)

ところが、原作踏襲なのは全26話中の16話くらいまで。って、野武士との戦争までね。その後は、オリジナルストーリーで展開。で、野武士との戦闘で死ぬるのは、ゴロベエのみ。えっ!まぢでー嬉しいけどー!(いやゴロベエが死ぬることがではなく、キュウゾウが存命なことがだ)と思っていたら、最終回目前でヘイハチ、そしてキュウゾウが逝ってしまい、ってことはやっぱダメかなぁと思っていたキクチヨも最終回で逝っちまいました。くぅっ!

正直言うと、後半のオリジナル部分については、どーもイマイチ練り上げが足りないと思わないでもないのだが、7人がとにかくいい出来なので楽しんで観てしまったがな。観ちゃ消し、観ちゃ消ししてたのが悔やまれる。もう一回くらい観たいな~。ま、待ってりゃANIMAXでまたやるだろー。


« 美味かった名古屋・焼津 地場モノ部発足(BlogPet) | Main | 昼ドラ:続・頼む!カンベンしてくれ! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« 美味かった名古屋・焼津 地場モノ部発足(BlogPet) | Main | 昼ドラ:続・頼む!カンベンしてくれ! »