Recent Trackbacks

June 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 好きな映画は色々あるけど -Movie Baton- | Main | 恐怖のbaton -Musical Baton- »

2005.06.27

映画予告編と電車男

Movie Batonで映画ネタを書いたついでに、映画ネタを。
ここんとこ、ヒマもあるしで、水曜日は映画を観ることにしている。もっぱら、シネマイレージ目当てに六本木で観ているのだが、いやぁやっぱ映画の予告編っちゃーいいねぇ~。

先週は、「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」の予告編を観て、うっかりうるうるしてしまった。さすがスターウォーズである。本編観てもいないのに胸がイッパイになっちゃったよ。
そんなうるめの状態で続けざまに「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の予告編はかなり効いた~。総毛だってしまったよ。あの大長編をどこまで削るのか心配だけど、いやぁ楽しみ楽しみ~。


で、先々週観たのは、「電車男」だったりする(笑)。

だってさーエルメスを中谷美紀がやるんだよ~。中谷美紀好きとしては、観ない訳にはいかないじゃあないか、関君。※「いかないじゃあないか、関君」はただ今絶賛はまり中の京極夏彦の影響(^^;;

以下、ネタばれありの感想。

まず、一言。
もしドラマの方の「電車男」を観るつもりならば、映画を先に観とけ!


ネタばれあり
件の中谷・エルメスであるが、これが意外に評判が悪い(^^;;

中谷の上品なお嬢様っぷりがドラマのリアリティをぐぐっと下げているせいかとも思うのだが、私の周りではすこぶる評判が悪い。で、中谷好きの私が観てどうだったかといえば。

小説の方が断然面白い。

もっと言ってしまえば、

ネットでログを読んでいた時の方が断然面白い。

だ。

私は、あろうことか一番の盛り上げどころである、エルメスの「がんばって」のシーンで船を漕いでいた。なんとなく電車が告白したような気がするが、はっきり言って覚えていない(^^;;

ドラマの演出の仕方の問題だと思うが、なんとも肩透かしな感じである。エルメス側の心情については一切演出されておらず、それは原作どおりといえば原作どおりなのだが、んでは電車およびネットを介在して存在する”応援団”達がどうかといえば、どうにも出来すぎで作り物めいた感じを受ける。
総じて、「事実は小説より奇なり」ってな感じで、これがネット上で本当にあった(とされている)話であるということを知らなければ到底納得のできるような映画ではないのではないかと思ったりした。

どうやっても、エルメスが電車を好きになる理由がわからないのだもの。

ちっ。

中谷・エルメスはそりゃぁもうキレイなお姉さんで、エルメスのカップもベノアの紅茶もお似合いなのだが、あのいきすぎアキバ系山田・電車男に一体どうやったら惚れるんだ?と観るものに疑問を抱かせる恋愛模様なんだもの。

納得いかねぇ~。

あの予告編で流れている、プラット・フォームの向こう側にスレ住人達が立ち「お前には俺達がついてるっ」という絵面も激しく寒かったし。PCの向こうに名も知らぬ大勢の人間があの恋の行方を見守っていたというのを映像化するのはいかに難しいことなのかということを実感したね。

うーむ、「リリイ・シュシュのすべて」はえらかった!(^^;;

しかし、この映画。実はフジテレビの仕掛けた壮大な伏線であったことがラスト・シーンでわかったりする。
映画冒頭、酔っ払いを諌める電車と食って掛かる酔っ払いの間に入ってとめる「大人なサラリーマン男性」という存在が欠落していた。「あり?なんでないんだろ?」と思っていたら、映画のラストシーンにその仕掛けがなんだったのかが明かされた。
夜の電車に乗り込むアキバ系男子。テレビ版で主演をはるチビ・ノリダー伊藤淳史だ。そして酔っ払い・泉谷しげるに絡まれるテレビ版エルメス・伊藤美咲。酔っ払いを諌めるチビ・ノリダー。揉みあいになる電車&酔っ払い。その二人の間に割って入ってきたのは、「大人なサラリーマン」となった映画版・電車である山田孝之だったりするわけだ。

おっ、こりゃ一本取られたね。

この映画でこの仕掛けだけは良かった、うん。

まぁ、「電車男」メディア化については書籍化した新潮社の方が素晴らしいってことで。

« 好きな映画は色々あるけど -Movie Baton- | Main | 恐怖のbaton -Musical Baton- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

へー。そんな風に繋がるんだ。

先日、秋葉原に行ったら、妙にステレオタイプなオタクがいっぱいいました。
紙袋にポスターの筒が刺さってたり、背中に「萌」と大きく書かれたTシャツがいたり、抱き枕かかえて歩いてるやつまでいる始末。
あとで知ったのですが、テレビ版電車男のロケをやってたらしいです。
ということでそいつらは多分、エキストラ。
オタクが強調されすぎてる思ってたんです(笑)

>もぐさん
>へー。そんな風に繋がるんだ。

そぉなのよ、金かけたプロモーションだよねぇ(^^;;

しかし電車男すごいねぇ。メディアが疲弊しているのがホントよく判る。本、漫画、映画、TVドラマ、舞台。展開してない目ディはラジオドラマくらいじゃないのか?もしかして(笑)
といいつつも舞台版のキャストには激しく惹かれるんですけどー。

>先日、秋葉原に行ったら、妙にステレオタイプなオタクがいっぱいいました。

そうっすかやっぱりステレオタイプな描き方で行きそうですねドラマも~。きっとエキストラ募集の条件には「アキバヲタっぽい格好をしてきてください」っていうのがあったんでしょうねぇ。
「あなたの『キターーー』を送ってください」とかいう募集もあったんだよね、そういえば。

はじめまして、まったく同感!と思いましたのでTBさせていただきました。よろしくお願いします。

>ねいさん

どーもー、はじめましてー。
書きたい放題書いてますが、共感してもらって嬉しいです~
TV版もいよいよ放送開始ですね。
なんだかんだいって、観てしまいそうです(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画予告編と電車男:

» 【本】リリイ・シュシュのすべて 岩井俊二 [ねい ぶろぐ ]
リリイ・シュシュのすべて角川書店このアイテムの詳細を見る 作者は映画監督としても有名な岩井俊二です。「love letter」「スワロウティル」「花とアリス」の監督さんです。 リリイ・シュシュという架空の歌手とその歌を巡って語られる物語。冒頭はネットの掲示板の会話からその歌手を巡る事件が解き明かされていく内容になってます。こちらの作品は初めサイトで作られていたようですが、リアルタイムで読みたかったなあ。 ありふれた日常か�... [Read More]

» 【映画】電車男 [ねい ぶろぐ ]
普通の恋愛映画でした。普通によかったので、映画としては可もなく不可もなく という 出来でした。(・・)主演は上手かったので画面が持ちましたので、そこがヒットにもなったかも。 電車男は、ネットで見た方が、電車男さんの純愛が、よりリアルで なんか、空白に想像を膨らますことが出来たから、尚良かったのかもしれないですねえ。 そういえば、今まで、あまり期待してなかったわりによかった邦画ってそこ�... [Read More]

« 好きな映画は色々あるけど -Movie Baton- | Main | 恐怖のbaton -Musical Baton- »