Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 揖保の糸の極細を愛する | Main | やったね!とW杯予選のおもひで »

2005.06.01

交渉人 真下正義

本日は6月1日、映画が1,000円で観られる日ということで、「交渉人 真下正義」を観て来た。
まぁ1日でなくても水曜日はレディース・ディだったりするから、どっちにしろ1,000円で観られたのだが、久々の映画を映画の日に観るっちゅーところに自分では意義を見出していたりするんだな。

以下、ネタバレも若干ありの感想。

さてさて「交渉人 真下正義」であるが、言わずと知れた本広監督&亀山Pの作品である。この二人に君塚脚本という取り合わせは、かなり好きだったりする。今回は残念ながら、君塚さんは原案担当なのだが、それにしても本広監督&亀山Pのタッグというのはポイントが高い。
日本映画界においては、宮崎駿監督&鈴木Pというゴールデン・コンビに負けず劣らずのコンビなのではないかと思っている。金が使えて、人が使えて、それに見合ったクオリティのエンターテインメントを提供するということにかけては、超一流だと思う。

本広作品においては、よりエンターテインメントよりのシリアス、エンターテインメントとしてのギャグ、エンターテインメントとしてのアクションであるところが突き抜けていると思う。要所要所にちりばめられた、小ネタやら、カッティングやら、見せ場へ向けての盛り上げ方やら、一つ一つを取り上げればある種のあざとさを感じないわけではないのだが、「娯楽」という観点から見た場合、すべてにおいて妥協を許さない作りになっているのではないか、そのために説得力をもった世界観を作り上げることに成功しているのではないかと感じるわけである。

例えば「交渉人 真下正」の場合、重要なエピソードとしてラヴェルのボレロを持ってきている。これは私に言わせればかなりの卑怯技だ(笑)。嫌でも盛り上がらないわけがない。舞台効果としては案の定なのだが、その期待を裏切らない盛り上げ上手ぶりがやはりお見事だ。

そして「サトラレ」しかり、「踊る大捜査線」シリーズしかり、「交渉人 真下正義」しかり、作品中で使われているテクノロジーが秀逸だと思ったりする。先日「恋に落ちたら」のIT企業ぶりにダメを出したが、本広作品における各種テクノロジーの場合、”いや現実世界ではないだろーっ!”と思わないでもないのだが、作品世界中においては”ありだな”と感じさせるものになっているのがエライと思う。現実世界ではナシだと思うが、パラレル・日本だと考えればアリだよなという感じだ。これは、作品世界の中で、キャラクター達はテクノロジー(を指す台詞やらアクションやら)に振り回されることなく完全に使いこなしているからだと思う。

「踊る大捜査線」シリーズから継承される、セットの細やかな作りこみ・こだわりも健在だ。ともすれば、オタク的スタッフの自己満足に収束しがちなこれらの世界観の作りこみぶりが、言い換えればこのスピンアウトという作品を生んだとも言える。カエル急便だったり、ゼーレのような警視庁上層部だったり、真下のステッカーベタベタThinkPadだったりがあってこその「踊る大捜査線」世界なのだ。

プロデューサー・亀山氏に着目すれば、ともすれば”悪ノリ””自画自賛”になりがちな、「踊る大捜査線」世界から派生した作品の見せ方がやはり上手いと言わねばならないだろう。WEBだったり、スカパーだったりのメディアミックスを上手に使ってプロデュースしている点もえらい。

しかし、ここまで褒めちぎっておいてなんなんだが、あの”犯人”のネタは一体どういうことなんだろう?伏線?「容疑者 室井慎次」に向けての伏線か?というくらいに釈然としないんだよな、これが。それでもアリか?と思わせる真下正義の織成す世界観ではあるのだが、真っ当なアクション・サスペンスと考えたらやっぱ許せないかもしんない(^^;;

ところで私は「踊る大捜査線」が大好きと言いながら、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」を観ていなかったりする(^^;; DVDは持っているけど、まだ観ていなかったりする(^^;; いや、DVD買って観ていないっちゅーのは、これだけじゃなく、うるみを知る者ならば「またかよ」って感じであるが、本日はこれからこのDVDを観て寝ることにしようと思う。

« 揖保の糸の極細を愛する | Main | やったね!とW杯予選のおもひで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

>DVDは持っているけど、まだ観ていなかったりする(^^;; 
>いや、DVD買って観ていないっちゅーのは、これだけじゃなく、
>うるみを知る者ならば「またかよ」って感じであるが、

またかよ(笑)

まただよーん!
でも、このBlogの後ちゃんと観たよーん!
感想はまた後日。
ちゅーか、m-sanには昨日言ったけども、やっぱ君塚脚本の方が面白いなぁ。「容疑者 室井慎次」に期待だすー。

やっぱり君塚脚本かあ、、、とかいいながら早く行かないと
地元、終わってしまふ、、、、。

>まただよーん!
>でも、このBlogの後ちゃんと観たよーん!

他にもいっぱい残ってるもんね(^-^;;
結局「御法度」は?「五条霊戦記」は?
観たの?

でもそれより先に「半神」観てね。
こんなに舞台仲間が増えたのに、みんな野田さん好きなのに
私のまわりで「半神」観てる人いないのよおお。
この前久々に観たら結構かなり感動もんで
ちょっと語りたいこと満載なのれす。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 交渉人 真下正義:

» 観た。 [なんちゃってリーマン簿]
ひとりで(笑) 交渉人 真下正義ですよ。 ホントは明日1日だから 明日観ようと思ってたんだけど、 明日は夕方から夜勤だし、 今日は1300円で見れるから まぁいっかということで今日観ました♪ いや〜楽しかった。 ホント笑いあり緊張感で飽きずに過ぎた2時間ち... [Read More]

» 『交渉人真下正義』 ☆☆☆☆☆ [映画VS氣志團&タイガー]
初日レイトで見ました!出た出た!!満点!!! 今年劇場で見た30本(←少なっ!)の中で満点は2本目。 去年135本中5〜6本しか☆5つはないからこの評価はかなり高い! 私銀幕デビュー映画なので若干ひいきめの☆かもしれないけど、 かなりおもろい!意外にもよく出来た作品。 犯人とのかけひき、ユースケと寺島進のコンビ、石井正則、國村隼との絡み、 水野美紀との恋…見所はいっぱい! でもここでは�... [Read More]

« 揖保の糸の極細を愛する | Main | やったね!とW杯予選のおもひで »