Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 笑っていいとも | Main | 鼻ったれ »

2005.05.17

久しぶりの火曜サスペンス

実は学生時の頃は2時間サスペンスドラマが大の好物だったワタクシ。
月曜ドラマランド、火曜サスペンス劇場、水曜男と女のミステリーだったけかな、土曜日は当然土曜ワイド。とにかく当時のテレビときたら毎日必ず2時間ドラマ枠があり、私は飽きもせず内田康夫の万年30男浅見光彦だの、西村京太郎の時刻表男亀さんだの、夏樹静子だの、山村紅葉いや美紗の京都だの赤い霊柩車だのを見続けたわけだ。

そんな私が社会人になるにつれ21時に自宅にいることが少なくなり、結果、この日本の誇る(?)一代文化(?)からも遠く離れてしまうこととなったのだが、最近ヒマなので今日久しぶりに火サスを観てしまった。

今日のドラマはこれだ。

『歌舞伎役者 中村歌留多』

中村歌留多 * 中村 福助
中村 侘助 * 西村 雅彦
中村健太郎 * 中村児太郎
宇田川澄子 * 夏木 マリ
雛   菊 * 宮本 真希
雅 * 大西 結花
山衣 和幸 * 池内 万作
村田 絹代 * 水野 久美
村田 秀彦 * 水野 純一
新倉  進 * 原田大二郎
中村 蓮玉 * 赤坂 晃
山衣由紀江 * 大谷 直子


どーよ、これ。この微妙に玄人向けのキャスティング。いいんだか悪いんだかよくわからん。

まぁねぇ特別企画なのよ。福助氏が探偵役なのは勿論、京都・南座全面協力、歌舞伎の演目だの目白押しのね。えぇ意気込みはわかるともさ。
駄菓子菓子、いやさだがしかし。
おそらくは撮影の最初の方の分だと思うのだが、福助氏の演技がえっらい不自然~。脚本もベッタベッタ。ぎゃーーってな感じでチャンネル変えようかと思ったのだが、そうこうしているうちに歌舞伎のシーンになっちゃって、そしたら観ねばなるまいって感じでチャンネルを変えそこない、気がつけば結局2時間みちゃっているあたり。ずりぃなぁ。
福助氏、後半に行くにしたがってドラマ演技はよくなっていたが。

ま、赤坂君の出番を見逃すわけにはいかないしな。久しぶりで大笑いさせてもらったしな、ま、いいんだが。

それにしても、前述した福助氏のえっらい不自然な演技が際立っていたのは、ドラマ冒頭の夏樹マリの子供として出てくる子役とからむシーンだ。小学校高学年の京都在住の少年がいやに歌舞伎に詳しくそれどころか、演目も数多く観ているという設定にも面食らうが(私なんぞまだ一度も生で歌舞伎観たことないっちゅーのに)、この子供がとてつもなくドヘタクソなのだ。その演技ときたら、観ながら背中を掻き毟りたくなったほどだ。今時あれだけヘタクソな子役も珍しいと思っていたら、この子供、その後もことあるごとに出てくる。夏樹マリの脇にがっつり立ち位置をキープするのは勿論、やたらと福助氏とも絡む。
その演技ときたら、、、正直に言う。うざい。やめてくれ。

が、しかし、ドラマも中盤を迎える頃、南座の紹介の場面で花道で見得を切るその姿を観てはたと気づいた。
歌舞伎役者か。この子。

ドラマ終盤、探偵・福助氏が南座で”関係者すべて集めて種明かし”を歌舞伎を使って行うのだが、その時、件の子役が見事に歌舞伎ってたのを観て、それは確信に変わった。
はたして、ドラマが終わってエンドロールを観たらならば、健太郎=中村児太郎ちゅーことで見事に御曹司だったわけだ。
歌舞伎のシーンは良しも悪しきも判らん素人なもんで、えぇ、そりゃもう感心するばかりだったのだが、他のシーンがねぇ。
探偵・福助の助手的ないわば小林少年的な役割と言ったら言い過ぎかもしれないが、演技の方は25年前のドラマの小林少年のようだった...。立ち位置がきちんとカメラに収まるように配慮されているところも気持ち悪かったしな。
これから精進しぃやぁ~。

ちなみに、上のキャスト表は日テレのページからまんまパクってきたものなんだが、夏樹マリをさしおいて三番手に名前を連ねているところもどーかと思うのだが、役名が思いっきり間違っている(笑)。中村健太郎ではなく宇田川健太郎のはずである。手がすべったか日テレスタッフ(笑)。

久しぶりに観た火サスであったが、開始40分過ぎには犯人と動機のあたりは明確に判ってしまうあたりは、10年経とうが健在だった。もちろん、おぃおぃとツッコミを入れたくなるような間抜けな警察捜査陣と犯人達も健在。安心した(笑)。

今回のドラマでの見所は骨髄移植とDNA判定だったりするわけだが、そこらへんもかなり省略した説明をしているので、結構ツッコミどころだったりしたのかもしれない()。

<5/19追記>
な、なんと、水野久美の息子役だった水野純一ってば、水野久美の実子~!この人もなーんか立ち位置が気持ち悪い(つまり不必要に目立つようで目立たない微妙な位置)なぁと思って調べたら...
あぁなんか興ざめだぁ。

« 笑っていいとも | Main | 鼻ったれ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

「土曜ワイド劇場 男と女のサスペンス」(タイトルてきとー)の予告「だけ」を作ったのが懐かしい(笑)

そうそう。月曜から土曜まで全部の2時間枠のタイトルを全部くっつけたなっがーいタイトルをつけたのを覚えてるよーん。
あれのために、「火曜サスペンス劇場」のサントラ買ったような。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりの火曜サスペンス:

« 笑っていいとも | Main | 鼻ったれ »