« RFIDで夢のSF生活? | Main | 乱暴と待機 »

2005.04.14

ゲキ×シネ 髑髏城の七人-アオドクロ-

昨年、アカ・アオというファンをひっぱる見事な企画と、卓越した完成度で楽しませてくれた「髑髏城の七人」であるが、アカドクロに続いてアオドクロもゲキ×シネ(映画館公開)している。
公式ページはこちら
東京公演は先週末で終了したが、他都市はまだこれから公開だ(横浜は明日まで)。

アカ・ゲキ×シネも観たならアオもみずばなるまい。というわけではないけれど、元々観るつもりだったけど、一度はチケットを取りながら仕事でそのチケットを無駄にし(泣)、ようやく観たのは東京公開最終日だった。

観る前からかなり期待はしていた。シンプル目のアカドクロに比べて、アオドクロは何から何まで派手目だったし、何より出演者がより映像向きの面々なのだから。

私より前に観た仲間内の評判も上々だ。
そして私が観た感想も上々だ。

まず、第一に何が違うって、観劇時けっちょんけっちょんだった池内クンだ(笑)。
破滅的なな台詞回しはどーしようもないのだが、中途半端だった所作はカメラアングルとカッティングで一切気にならなくなっており、破壊的だった”タナカ棒”殺陣もご同様に華麗なカッティングで見事に華やかな殺陣に変化していた。
そして彼のビジュアルだ!アップに耐えるという点では彼はまさしく映像俳優。アカドクロの水野美紀のきりりとした美しさよりも、艶やかなと言ってもいいくらいの色香が漂っていた。アップサイズで観れば細かな表情を一生懸命作っていたのだなぁということも気がついた。引きつった微妙な表情がなぜか蘭兵衛の危うさとリンクし、バンコラン・アイメイクも相まってなかなかの色っぽさだ。
蘭兵衛から蘭丸へ変化していくあのシーンは、「エリザベート」の名シーン「闇が広がる(トート&ルドルフ)」もかくやというほどの妖艶さ、危うさ、切なさだった。天魔王の手下に小突き回される蘭ちゃんを観てたらちょっと泣きそうになったもん。

あぁでもなんで”タナカ棒”なのかもアップで観てたら判ったような気がした。なんか”華麗に軽やかに剣を扱う”を意識してなのか、刀の握りがすんごく軽いんだよね。小指立てそうなくらい刀が軽いの。ちゃうねん。刀はどーやっても重いと思うのよ、わたしゃ。手首はしっかりホールドっ!華麗さを出すなら肘から上、肩の動きで現してちょーだいな。

そして沙霧の鈴木杏ちゃん。彼女も舞台の何倍もよかった。舞台で観た時は、捨之助の妹分くらいにしか見えなかったのだが、どっこいどうしてなかなかの迫力をかもし出している。

つまり。
舞台版でけっちょんけっちょんだった人達が映画サイズになると、その存在感が増して、結果全体的な作品の出来がかなりいいところにいっているのだ。

私の中の新感線DVD第一位は依然「阿修羅城の瞳」なのだが、「髑髏城の七人 -アオドクロ-」はアカドクロのDVDを抜いて第二位にランクインしたといえるだろう。どちらも生・舞台よりDVDの方が出来が良いというのは、正直うーんと思わないでもない。生・舞台でとてつもなく感動した「アカドクロ」などは、DVDがどんなに頑張ってもあのライブの感動を超えることはできない。舞台の感動ってそれが正しいのでは?と思ったりするから。

が、しかし、生・舞台を観られなかった場合、このアオドクロのようなすんばらしいクオリティのDVDが存在することは、やはり非常に喜ばしい。がんがん作っちゃってイーオシバイさん!

×だった二人のキャストが○になってみれば、後はもう染ちゃんの生で観てもアップで観ても美しい”青い血の流れる”天魔王様のなめらかな青白い肌にくらくらするわ、映像になってもいっかな衰えないカンテツの「東横線のタナカさん」のおかしさは際立つわ、舞台もよかったがやっぱりアップに耐えるアイドル出身あっくんの”こぶしの忠馬”の男っぷりのよさ、子気味のよさ、そしてなんとも華麗な衣装の数々。そう、アオドクロはほんと衣装がかっこええのだ。それがアップで細かなところまで見れるのだからたまらない。
二巻の天魔王様の袴姿と捨之助の切り刻まれた着物が私は大好きだっ!(笑)

あぁでも、髑髏城陥落のスモーク焚きしめてのスローモーションシーンだけはやっぱ生の方がいいねぇ。

あ、んでも、機会があったら是非劇場で観るのがいいね。なんつったって音が違う。ちゃんと花道の方向から台詞がきこえるもーん(笑)

そーいえば、東京公開最終日だったせいか、上映が終わった後ロビーに中島さんがいた~!離れた位置から聞こえないような小さな声で「面白かったです~」とささやいておいた。


« RFIDで夢のSF生活? | Main | 乱暴と待機 »

「演劇・舞台・観劇」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15603/3703264

Listed below are links to weblogs that reference ゲキ×シネ 髑髏城の七人-アオドクロ-:

» 髑髏城の七人〜アオドクロ [某茶房拾遺伝]
「女は別嬪、男たちはみんな馬鹿。こんな街、そうザラにはないぜ」 『髑髏城の七人〜アカドクロ』に続くゲキ×シネ第2弾。 昨年の10月に日生劇場で上演されたInouekabuki Shochiku-mix『髑髏城の七人〜アオドクロ』を撮影したものだ。 すでに昨年秋にアカドクロのゲキ×シネを観ているので、映画館(「劇場」と書くと語弊があるので「映画館」と記述)で舞台の映像を観るということの是非については特に言及しない。 ただ、前回よりはすんなりと芝居に集中して観ることができた。 映画なのに休憩あり... [Read More]

» 新感線クラブ・・・ [文車に燃ゆ恋文]
式神C嬢、K嬢に勧誘され、彼女らの狙い通り、足を踏み入れてしまった「劇団☆新感線... [Read More]

« RFIDで夢のSF生活? | Main | 乱暴と待機 »