Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.30

恋におちたら って...

この4月からのドラマが始まっているわけだが、どーにもこーにもつっこみどころ満載なのがフジTV「恋におちたら~僕の成功の秘密~」だ。
まず第一に、当初は「ヒルズに恋して」というタイトルのITベンチャーを舞台にした伸し上がり系ドラマだったはずが、ライブドアとのごたごたも絡んで、タイトルはおろかドラマの方向性までもが「大切なのはお金じゃないさ」系に変わってしまったというこのしょっぱさ。

更にどうつっこみ所満載なのかと言えば、私の歴代ドラマランキング・ベスト10に入る珠玉の純愛ドラマ「ピュア」のピュアピュアカップルが社長(堤真一)と創業メンバー兼元カノ(和久井映見)だったり、「やまとなでしこ」で清貧の「この世にはお金では買えないものがある」とか言ってた人が「金がすべて」の社長だったり、美人秘書二人(松下奈緒&滝沢沙織)がどーみてもタイプがかぶっていたり(それが社長の好みって設定か?)、昔ハム屋(「スタアの恋」)だった人に「サービス」とか言って生ハム食わせて「うまっ」とか言わせてみたり(あ、鈴木雅之も演出してるのか)、土方副長(山本耕史)ってば香取慎吾の次は草なぎ君の相方?いやさ、そういう意味で言ったらこのドラマってば副長はおろかかっしー(谷原章介)と榎本武揚(草なぎ君)が出てんじゃんとかとか、どーもキャスティング自体にえらいつっこみどころが満載だったりするわけだ。

おまけにこのドラマ、タイトルから「ヒルズ」の文字は消えたとはいえ、どっからどーみても舞台は六本木ヒルズなわけだ。いや、いいんだけどね、別に。あれはフロンティアの持ちビルなんざんしょ?六本木ヒルズだったら、警備は森ビルの人でフロンティアの人じゃないだろーとか、なんでULに谷原章介が網張ってるんだとか、えぇ、そんなことは瑣末なことっすよ。

が、しかし、あの胡散臭いIT会社の描きっぷりだけはどーにもこーにも...なんとかならんもんかの?
実は3話を録画しそこねて、1,2話しか観ていないのだが、フロンティアっちゅーのは一体なんの会社なんね?

Continue reading "恋におちたら って..." »

2005.04.15

乱暴と待機

4/9 シアターモリエールで劇団 本谷有希子「乱暴と待機」を観た。
私にとっては、初小バコデビュー作品だ。

劇場であるシアターモリエールは新宿の大塚家具の近くにある小さな劇場だった。椅子も企業の大会議室にあるようなちょっといいパイプ椅子って感じ。私は5分ほど遅刻してしまったため、本来の席に座ることができず、入り口入ってすぐに丸椅子を設置して貰い観劇するというこれまた小バコっぽいシチュエーションだった。

さてさて「乱暴と待機」であるが、キャストはこんなん。

馬渕英里何
市川訓睦(拙者ムニエル)
多門 優(THE SHAMPOO HAT)
吉本菜穂子

初小バコなのに、昨年観た「真昼のビッチ」から馬渕英里何、吉本菜穂子と二人も知った役者が出ているという恵まれた(?)舞台だった。

で、感想であるが、うーんなかなか面白かった。暗いアングラ系のお芝居。
「真昼のビッチ」はいまいちつきぬけ感が足りず、それが観劇後のストレスになったのであるが、この舞台はすごくまっとうに暗く、腑に落ちる作りとなっていた。
本谷有希子氏。m-san情報によれば一部では”女・松尾スズキ”とも呼ばれ、それが批判の対象ともなっている方のようだ。そうか~私みたいに松尾スズキ芝居自体をまだきちんと観てない者からすれば、面白さを感じこそすれストレスにはならないけどなぁ。真似っぽくてイヤって人もいるんだろうなぁ。

「乱暴と待機」は、ありえないシチュエーションで、ありえない歪んだ愛情に支配される一組のカップルと、その二人を際立たせるようなスノッブなカップルが絡み合いカタルシスなのかどーかよくわからん結末に向かって疾走する話だった。
描かれている狂気の深さというか浅さというか、それが私の理解の範疇にぴったり収まって納得できるものになっていたなって感じ。

Continue reading "乱暴と待機" »

2005.04.14

ゲキ×シネ 髑髏城の七人-アオドクロ-

昨年、アカ・アオというファンをひっぱる見事な企画と、卓越した完成度で楽しませてくれた「髑髏城の七人」であるが、アカドクロに続いてアオドクロもゲキ×シネ(映画館公開)している。
公式ページはこちら
東京公演は先週末で終了したが、他都市はまだこれから公開だ(横浜は明日まで)。

アカ・ゲキ×シネも観たならアオもみずばなるまい。というわけではないけれど、元々観るつもりだったけど、一度はチケットを取りながら仕事でそのチケットを無駄にし(泣)、ようやく観たのは東京公開最終日だった。

観る前からかなり期待はしていた。シンプル目のアカドクロに比べて、アオドクロは何から何まで派手目だったし、何より出演者がより映像向きの面々なのだから。

私より前に観た仲間内の評判も上々だ。
そして私が観た感想も上々だ。

まず、第一に何が違うって、観劇時けっちょんけっちょんだった池内クンだ(笑)。
破滅的なな台詞回しはどーしようもないのだが、中途半端だった所作はカメラアングルとカッティングで一切気にならなくなっており、破壊的だった”タナカ棒”殺陣もご同様に華麗なカッティングで見事に華やかな殺陣に変化していた。
そして彼のビジュアルだ!アップに耐えるという点では彼はまさしく映像俳優。アカドクロの水野美紀のきりりとした美しさよりも、艶やかなと言ってもいいくらいの色香が漂っていた。アップサイズで観れば細かな表情を一生懸命作っていたのだなぁということも気がついた。引きつった微妙な表情がなぜか蘭兵衛の危うさとリンクし、バンコラン・アイメイクも相まってなかなかの色っぽさだ。
蘭兵衛から蘭丸へ変化していくあのシーンは、「エリザベート」の名シーン「闇が広がる(トート&ルドルフ)」もかくやというほどの妖艶さ、危うさ、切なさだった。天魔王の手下に小突き回される蘭ちゃんを観てたらちょっと泣きそうになったもん。

あぁでもなんで”タナカ棒”なのかもアップで観てたら判ったような気がした。なんか”華麗に軽やかに剣を扱う”を意識してなのか、刀の握りがすんごく軽いんだよね。小指立てそうなくらい刀が軽いの。ちゃうねん。刀はどーやっても重いと思うのよ、わたしゃ。手首はしっかりホールドっ!華麗さを出すなら肘から上、肩の動きで現してちょーだいな。

そして沙霧の鈴木杏ちゃん。彼女も舞台の何倍もよかった。舞台で観た時は、捨之助の妹分くらいにしか見えなかったのだが、どっこいどうしてなかなかの迫力をかもし出している。

Continue reading "ゲキ×シネ 髑髏城の七人-アオドクロ-" »

2005.04.13

RFIDで夢のSF生活?

私の夢その1はこの前語ったのだが、その中の「マザー、OZ完全版の2巻って今家のどこにある?」はもしかしたら近い将来実現するかもしれない。

家の中のどこに何かあるか探してあげるよサービス

これだ。
これぞ20世紀にニュートンとかで特集していた「21世紀のホーム・エレクトロニクス」だ。

いや、、本日RFIDのこのニュースを読んだのと、今アシモフの「銀河帝国の興亡」を読み返したりしているもんで、つい書いてみたくなったのだ。

なんかモノを買う。
家庭用RFIDのチップをそのモノにはりつける。
家の間取り図が入ったRFID連携サーバが家庭内PCに存在する。
必要な情報をそのサーバで管理する。
何かものを探したいときはサーバに向かって検索をかければ、家の間取り図上に該当のRFIDをもつモノの位置をビジュアルで示してくれるわけだ。

ほーら、これで「7つの黄金郷」の4巻どこ行ったっけ?とか、「モーツァルト!」のプログラムどこに置いたっけ?とか、源泉徴収の紙どこにしまったっけ?とか、印鑑登録証どこにしまったっけ?などということで慌てふためくことがなくなるわけだ。

たかだか1DKの部屋で、なぜにそんなにモノが探せないのか、お前の整理能力に問題があるのではないのか、という至極まっとうな突っ込みはなしにしていただいてですな(^^;;

そのうち、絶対ホーム・エレクトロニクス、ユビキタス(?)分野にくると思うんだよなぁ。RFIDは。冷蔵庫の中身をモバイルで検索できたりさ。私みたいなルーズな人間には有益だと思うわけよ。冷蔵庫の中の納豆の賞味期限はいつまでだったっけ?とかさ。あれ?『彼氏彼女の事情』の20巻って買ったっけ?とかさ。

だめか?やっぱダメ人間か?

2005.04.10

あずみ 4/9 明治座

デモクラシーの感想をまだ書いてないんだけれども、まずは今日観て来た「あずみ」から。

4/9(土)昨年の「燃えよ剣」以来の明治座で「あずみ」を観た。
キャストはこんなん

あずみ :黒木メイサ
うきは :生田斗真
豊臣秀頼:長谷川純

小畑月斎:山本亨
飛猿  :山崎銀之丞
井上勘兵衛:的場浩司
最上美女丸/淀の方:涼風真世

加藤清正:こぐれ修
ひゅうが:黒川恭祐
あまぎ :吉浦陽二
三兄弟長男:清家利一
三兄弟次男:成松慶彦
三兄弟三男:村木仁

どーも明治座は客層との相性が悪いような気がする...前回の「燃えよ剣」はジジババ層だったのだが、今回は思いっきりジャニ(^^;; しかも、チケットがかなり入手困難だった「荒神」のジャニとはまた違うジャニ層が。母子ジャニファンをそこかしこで観た。
そして、うざい。うるさい。黙って芝居観ろやこらぁ!後ろの席に座った推定ジャニファンの女(20代後半)二人連れがずーーっとクスクス受けながらおしゃべりしているのが、ほんとーにうざかった。

はぁー、ちょっと怒り発散。

以下、ネタばれありありの感想。演出についてもネタばれしているので、これから観る人は読まない方がいいかも。

Continue reading "あずみ 4/9 明治座" »

« March 2005 | Main | May 2005 »