Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« うろうろスイーツ部 振り返り&今後の展開 | Main | 義経 始まってます »

2005.01.21

防犯意識は大事だが根本が抜けてちゃ意味がない

一昨日は今年初めて仕事で帰宅が遅くなったので、昨日は早め8時ちょっと過ぎに会社を出た。
買い物をして、自宅に帰り着いた21:30。異変に気づいた。
あるべきものがない。バッグのポケットにいつも当然のように入っているアレがない。
つまり...

家の鍵がない~!

会社に忘れてきたとです....
今の会社は、ICカードキーではなくICキーで全ビルの開錠などができる仕様。無くさないように自宅用のキーホルダーと一緒にしていたのが仇となった。
昼、ランチに出かける時にランチ用バッグにキーホルダーを放り込み。帰る時に通勤用バッグに入れなおす。毎日繰り返してきたこの基本動作をなぜ昨日ははしょってしまったのだ、私!
<この場合適切な感情に○をつけなさい>
・情けない
・悲しい
・虚しい
・馬鹿か私は!
・上記すべて

会社に電話するも既にみんな退社済み(いい会社だ~)。同僚・上司の携帯電話の番号もまだ聞いてない。もしかしたら、ビルに直接行って管理人さんに言えば、なんとか開けて貰うことができたのかも知れないと一夜明けた今なら思うのだが、昨日はパニックに陥りそんなことは思いつかなかった。

寒空で思案すること3分。
近くの電話ボックスへ走り、開錠サービス会社を調べる。

A社:到着までに30分。作業価格¥18,000
B社:到着までに1時間。作業価格¥13,000

嘘でしょーー!なんでそんなに高いのよっ。と思ったら我がボロアパートには玄関に鍵が二つ。しかも日頃防犯に気を配る私はその両方ともをしっかり施錠していた。だから、開錠料金も二倍...

ビジネスホテルに泊まる方が安い...

交通費を考えても武蔵小杉当たりに出てビジネスホテルに泊まる方が絶対安い。逡巡すること10分。やっぱり自分のベッドで眠りたい、コンタクトケースも持ってないし...
えーい、これも社会勉強だぁ!
というわけで、生まれて初めて開錠サービス会社さんのご厄介になることに。到着が一番早いA社さんに来てもらいました。開けて貰いました。すぐ開きました。
嬉しいやら、情けないやら、恥ずかしいやら、出費で泣きそうになるやら...

救いは(救いなのか?)、我がボロアパートの鍵がティンプル式みたいな防犯意識バリバリの複雑な鍵ではなかったことかなぁ。 それにしても初給料がまだ出ていない段階でのこの出費は痛い...。支払い事態はカードでできたからまだいいんだけど。「鍵っ子」(今や死語だね)だった、ワタクシ。鍵を忘れて家に入れないという情けなさは小学校の頃から刷り込み済みだったと思ったのに、やっぱり忘れる時には忘れるもんだねぇ...

<追記>
反省と戒めとして、観たいと思っていた芝居を三本我慢することにしました。この出費の埋め合わせという意味でも。
・なにわバタフライ(なんとか当日券で観に行こうと画策していた)
・黒蜥蜴(かなり期待していたけど...)
・OZ(ちょっと興味あったんだけどねぇぇぇ)

もう絶対鍵は忘れません!

« うろうろスイーツ部 振り返り&今後の展開 | Main | 義経 始まってます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

それはそれは大変な思いをされたんですねえ。

でも一番いいのは「会社に戻る」だね。
むしろ開錠サービスなんて思いつかないよ~普通(笑)

私は、会社の金庫の鍵かけ忘れて、、、かけなくても事務所の鍵かかってれば、しかも暗証番号知らないと、いや知っててもあけにくい金庫だから心配いらなかったんだけど、、、、。

自宅から帰ったとです、会社に、、、、。
ただうちは一人一人事務所の鍵持ってますから、、、そのあたりは心配いらんのだけど、、、、悲しかったです。

ひー、怖い!考えただけで恐ろしい事態・・・。私、いっつも「鍵忘れて家に入れないかも」と怯えてるので、気持ち分かります。前に何度かやったことあるけど、幸い大家さんが近くに住んでたので鍵が借りられたの。でもその時すでに、大家に黙って猫を飼っており、もし大家が玄関まで来て自分で鍵を開けるつもりだったら、私猫がばれて追い出される・・・と真剣に悩みました。そうか、でも大家がいなかったら、鍵屋呼ばなきゃいけないんだ。てか高い!鍵ごと取り替えてもらえるくらいの値段だね。人の足元見てるなあ。

>m-san
さっき、会って話したけど、家の鍵と会社の鍵が同じキーホルダーにしてたとです。鍵がないと会社にも入れなかったとです。さらに、うちの会社は複合ビルの一室...もしも管理会社と連絡がとれたとしても、社員証というものがない我社の場合、身の証をたてるすべもなく入れてもらえなかったであろう~と昨日シャチョーに言われました...
なので、一番リーズナブルだったのはやっぱりビジネスホテルだったみたい。

>catpawさん
いやもう、二度とゴメンな経験っすよ。昔、会社が借り上げてたアパートの隣に住んでた同期の子が同じ目にあって散在したー!ということがあったのですが、その時のアパートは鍵穴一つだったからまだマシ...
これが、ティンプル鍵とかだともー、鍵穴総とっかえで莫大な費用がかかるらしい...

それにしても人間、どーしようもない事態に陥ると、限られた選択ししかないにも関わらず無意味になんかもっといい方法はないものかと逡巡するもんなんですなぁ~。

私は2回くらい鍵をなくしてしまったことがあるが
1回目:1階に3姉妹暮らしだったにも関わらずベランダに
    鍵をかける習慣がなかったので(田舎出身者)
    ベランダから進入。泥棒のように。
2回目:やはりカギの119番みたいなところにきてもらって
    1万円以上払った記憶が。夜中だったから大家さん      起こすのも悪いし、お姉ちゃんたち二人とも
    いなかったし。
だから常に「忘れてないか」という恐怖に陥る鍵忘れ不安症に
なってしまいました。何を忘れても鍵が一番恐ろしい。

こんなところで発表するのもなんだけど、
禁煙しました。今1週間目~。
んじゃ!

>ひろりん
鍵を二回もなくしたことより、禁煙だとー!
飲みに行こう!

飲むと吸うほうに2万カノッサ。

>飲むと吸うほうに2万カノッサ。

それが狙いだす!

禁煙後、2回飲んだがすっとらん!

むぅーー。えらいっ!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 防犯意識は大事だが根本が抜けてちゃ意味がない:

« うろうろスイーツ部 振り返り&今後の展開 | Main | 義経 始まってます »