Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« SHINKANSEN☆RX『SHIROH』 大阪公演 | Main | 痺れと米麹健康法のその後 »

2004.10.04

新選組! 9/26
第38回「ある隊士の切腹」

新選組!」ようやく”第38回「ある隊士の切腹」”を昨日(^^;; 観ました。今晩第39回を観て、明日は追いつくぞ~!

m-sanへ
もう、大河ドラマとしての三谷・脚本への愚痴はなるべく書かないようにして、よかったことだけ書くことにしまふ(^^;; 毎回、その回の良かったを探すだす。必ずあるから。

山南さん亡き後、”第34回「寺田屋大騒動」”とあって、えれぇ展開速いなぁと思ったら寺田屋”大”騒動だったのね...この回で前回の哀しみを払拭させるようなドタバタを描きつつも、故山南さんへの哀悼も含めドラマは新たな展開へ~

第37回「薩長同盟締結!」”で松原さん(甲本雅裕)が去ってしまわれ(好きなんです甲本さん)、かっしーがきたきたきたーの状態で、斎藤さんは「俺のせいだ」とか”いじいじ”を見せながらも進んだ第38回。なんか、私はこの回かなり気に入った!

先日の「時空警察Part4」の”坂本龍馬暗殺犯を探せ”って、今回の冒頭がまんまかぶってたのね~(手引きしたのは捨助ってことになってたけど)。今度こそ本当の「寺田屋騒動」。麻生久美子の入浴シーンにうっとり。とかしているうちに、なんか展開は「メメント」ちっくに...(^^;; いや、単に過去にさかのぼって回想ってだけなんだが。
※一言1:「幕末テロリスト列伝」での龍馬暗殺真相は、ほぼ時空警察と同じだった。
※一言2:やっぱ、三谷さんって龍馬(あ、そーいえば「新選組!」では竜馬ではなく龍馬の字を使っているのね)好きだよなー。冒頭のあれだけのシーンだけど、寺田屋事件を見せること見せること(^^;;

今回の演出、まさにこれまでの大河ではありえない「新選組!」だからこそできた演出であろう。そして、演出技法だけでなく、この回は河合耆三郎(大倉孝二)を軸に久しぶりに新選組の各キャラクターがある意味生き生きとその存在を主張していたように思う。また「新選組!」始まって以来初めてと言っていいほど、試衛館組各人が隊の仲間を思いやりつつ武士道に生きる男としての哀しみを表現していたのでは。と思った。

まず、河合耆三郎がいい。大倉さんも好きな役者さんなのだが、ちょっとすごかったなぁ。目が離せない。「父には、父にだけは伝えて欲しいのです本当のことを...父には一言、河合耆三郎は何一つ恥じることはなかったと。そう...お伝えください」で、だぁ~っときた。顔アップの撮影がこれまたいい。この人の表情をよく捉えてくれてたっ!。
新選組!ピープルに大倉さんのインタビューが載っている。ご本人は「小劇場的なやり方を」といいましたが、やはりね舞台の人の表現力は凄いと思うのだ。情けない性格だけど、死に怯えるけれど、この人はこの人なりにプロの勘定方であり、そしてやはり武士だったのだ。
じゅんさんといい(うわっ前すぎ)、堺雅人さんといい、大倉さん、八嶋さんといい、大河ドラマ「新選組!」の一番の功績は舞台の人の演技を見せてくれたことかなぁ。などと思わせてしまうほどに、お見事!

土方さん!「山南の死が無駄になるのがわかんねぇのか!」なんて台詞を吐くわ、柱に額をがんがん打ちつけるわ、それになにより「誠」の間に座り込んで座布団見つめて、「かっちゃん...」って~~~!もうめろめろだっつの。これいじょうめろめろにさせてどーすんのよ~っ(^^;;
自分で作った法度に一番苦しめられているのはこの人なんだろうなぁ。

源さん!三谷さんやっぱり絶対気に入ってるよ。山南さん切腹の前後からの存在感の大きさはどーよ!とても前半の源さんの扱いと同じとは思えない。「局長に、一番いて欲しかったのはきっと土方さんだと思います」って、きゃーーー!ふ、普通ってぇかこれまでのドラマとかコミックだと、この土方鬼副長と隊士達との間をとりもつような役って総司じゃなぁい?源さん素敵すぎだ~。

で、総司だが。どうやら「新選組!」における総司は「剣鬼」への道を歩みだしたようだ。
自己の死期、山南さんの死を経て、おひでちゃん(危ねー”おふでちゃん”とか書きそうになった)をふりきり、限られた時間を「やりたいこと」を全うする為に歩み出したようだ。が、しかし、その「やりたいこと」とは何なのか。剣を極めることか、乱れに乱れいている世を平定することか、近藤さんに本懐をとげさせてあげることか。どうも、まだその辺はまだ見えてこない。ただ、一つ「自分の命を粗末にするものに同情したくない」これだけは確実なようだ。「死」に対して隊のだれよりも身近に感じている存在として、ラスト耆三郎のとどめは総司(泣)。これは、山南さんの切腹の時の「私の剣でみんな死んでいく...そんな為に剣を学んできたわけじゃないのに」の時の泣き言を払拭したと取っていいのだろうか。あの台詞が今回の総司の行動の伏線ととっていいのだろうか。

斎藤さん!悪夢で飛び起きるわ、河合の介錯は断るわ、総司が剣鬼と化しつつあるのに、反比例してこの人はぬるくなってきているね。いや、悪い意味ではなく、いい味を出していていいんだが、隊内で総司と一、二を争う剣の使い手と言われる彼が今後どう変貌するのか・しないのか。気になるところである。

かっしー・谷三十郎・武田観柳斎の憎まれ役三人組!特に谷!他の二人は、ちょっと”憎めないなぁ”なところもあるが(あるのか?)、お前はまったくもって憎いぞ。ばかーーー

あ、そーいえば、濱口優(よゐこ)は「そこは、おっしゃっても」しか台詞なかったな(^^;;

最後に、やっぱり愚痴っちゅーか、疑問。「近藤さんがいたら...」いったいどーなっていたとゆーんだー。近藤さんは何をどうやってくれたとゆーんだーー。それを想像できるように描いてくれーっ。
あ、でも「あれは体も小さく目も悪く、剣の道で身を立てることができない...あれはあれで勉強家でしてね」の台詞はよかった。うん、なんか段々大人物エピソードが出てきたか?

« SHINKANSEN☆RX『SHIROH』 大阪公演 | Main | 痺れと米麹健康法のその後 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新選組! 9/26
第38回「ある隊士の切腹」
:

» 新撰組!第38回「ある隊士の切腹」 [こんなんでもいい?]
武田観柳斎である八嶋さんの、好感度著しく降下中〜(笑) かわいそうだ。八嶋さんが [Read More]

« SHINKANSEN☆RX『SHIROH』 大阪公演 | Main | 痺れと米麹健康法のその後 »