Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« これで運転中も大丈夫? | Main | 座右の銘 »

2004.09.06

カトーケカモン

家系図
「ハリ・ポッターと不死鳥の騎士団」を読んでいたら、愛するシリウス・ブラックのさん家系図の話が出てきていて思い出した。
幼少のころ、亡くなったじぃちゃんに家系図を見せられ、ご先祖は虎退治で有名な清正なんだよと言われたことを。家系図は幼い私には子汚い読めない紙切れにしかすぎなかったし、大人になってみれば有名なご先祖がいても今の我が家が名家なわけでも裕福なわけでもなく、むしろ秀吉の朝鮮遠征時に清正がどんな無体を働いてきたかを知るにつけ汗顔の至りという思いの方が強かったりする。

家紋
それよりも、その時教えられた家紋の方がずっと興味があった。だが、幼いいたいけな少女のことである。難しげな名前や図柄が記憶に留まるはずもなく、その時はそれっきり忘れてしまった。しかし、数年後ふとしたきっかけで、我が家の家紋を知ることになる。

ちょっと脱線
蛇の目きっかけは今を去ること二十ン年前のアイロン板だ。なんのこったろうと思うだろうが、もうちっと聞いてくれ。当時我が家で私用していたアイロン板の背面には何故か家紋一覧表が載っていた。いや、家族の自作なわけではなく、そういう製品だったのだ。すかさずママに問うてみた「うちにも家紋ってあるの?」うるみママは言った。「表紋が蛇の目で裏門が下り藤って聞いたよ」。
すかさず探した。あったよ両方とも。しかし、、、蛇の目だぁ~。ただの◎じゃん。。。多感な十代の少女が落胆したことは言うまでもない。以来、人に家紋の説明をする場合は、華々しく美々しくも日本情緒溢れる下り藤を我が家の家紋としてきた。
下り藤高校の時、工業実習で庭園灯(お庭の池の所においてあるようなやつね)をつくるという実に工業高校らしい実習があった。コンクリで土台を作ったり旋盤でネジを作ったり、エッヂングからやった基盤を元に調光器を作ったりと各工業化の技術を自習するのだが、最後の工程ではライトを囲むプラバンにハンダゴで模様を刻むのである。私には絵心がない。オリジナルの絵なんかかけるもんか。先生も「おうちの家紋なんかいいですね」という。なので、家紋の下り藤を書くことに決めた。決めた後に後悔した。この図めんどくさい!線がいっぱいある。しかも曲線だ!出来上がったのは歪な下がり藤だ。この庭園灯、今も実家の庭のどっかにころがっている。

ご先祖様?
家紋と家系事典と、話がそれたが家紋である。表紋・裏紋ってなんだ??こちらの家紋のサイトを見ると正しくは、定紋・副紋と言うのかな?で、久しぶりに手元の家紋事典で調べたら、やっぱり蛇の目は清正が使った紋だということがわかった。でも、裏紋の下り藤ってなんだ?清正はこちらのページによると、桔梗と折れ墨の紋(秀吉からご褒美を貰った記念に使い出したらしい)を使っていたらしい。なんか変だ。私のご先祖は本当に清正なのか?

本当にご先祖様?
家紋Worldさらに調べてみた。そしたら、家紋Worldというナイスなサイトを発見。

あった!蛇の目と下り藤!その名は「加藤嘉明」。清正と同じ「賤ヶ岳の七本槍」だっ。じぃちゃん、加藤違いだよ。秀吉の家臣、賤ヶ岳の七本槍まではあってるけど、名前が違うよっ。
慌てて調べなおしだっ!名前だけはなんか聞いたことあるぞこの人。この人が、朝鮮出兵では後衛の補給部隊で、かの地での狼藉に加わっていなかったというのは、私にとっては嬉しい限り。しかも、松山城を築城したとな?なんか、人に誇れるご先祖様に思える。しかも会津にも行ってるとな?ちょと嬉しい。
その後の衰退は、、眼をつぶろう~。

でも、前述のこちらのページをみると、定紋が下り藤、副紋が蛇の目に見える。。。一抹の疑惑。ま、でもご先祖は清正だと思ってたじぃちゃんのことだから、定紋を蛇の目と言ったのかもしれんし。おそらく我が家なんぞ傍流も傍流だろーから、同じ家紋の家は沢山あるだろーし、自己満足ってことでいーやー。

実は、家紋の本を見てて単に我が家の家紋のことを書きたいがために、書き出したのに思わぬルーツ探訪となったもんだ。


蛇足:新しい紋?
うるみママが、数年前に色留袖を作った時に、「うちの紋新しく作ったから~」と言った。うちの下り藤とママの実家の横木瓜を合わせたそうな。。。確かこんな感じだった。。

新家紋!

ママ、そりゃいくらなんでもクドいよ。プラパンに書けないよ。。

« これで運転中も大丈夫? | Main | 座右の銘 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

初めてコメントさせていただきます。うるみさんとは庭園灯を一緒に作った仲のめんたんです。
旋盤では削りすぎ、スポット溶接ではいびつになってしまったワタクシの庭園灯。ある日見てみるとなかなかの出来でした。
「思ったよりもよく出来てたんだ」と思ったら家紋が同じ他人の作品。それも何かの縁だったのか同じ家紋の彼の家に嫁に行き、今も同じ家紋のめんたんです。
運命の「丸に三つ柏」でした。

めんたん、ついにいらっさい!嬉しい~!
旋盤のバリがほっぺたに飛んで熱痛かったり、溶接ってバチッとやるやつだったっけ?。バーナーみたいなのでやるやつじゃなくて。あれは結局怖くて、私は結局助手の佐々木さんにやってもらったような。

新居を建てたら池も作って、是非庭園灯を置いてください。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カトーケカモン:

« これで運転中も大丈夫? | Main | 座右の銘 »