« 新感線『髑髏城の七人』=“アカドクロ”緊急追加席発売! | Main | ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ »

2004.06.06

髑髏城の七人 東京・厚生年金会館

劇団☆新感線『髑髏城の七人』=“アカドクロ”緊急追加席発売!をなんとかゲット~!
ということで、2004年6月5日 東京厚生年金会館へ行ってまいりました。今回は、ほんの2分の遅れでS席は完売...2階前列の端の方のA席でした。

開演前、いのうえひでのりさんがロビーをうろうろしていたらしいのですが、気づかずm-sanに言われて振り向いた時にはもう雑踏の中に消え去っておりました。ちょっとガッカリ。

さて、舞台の方ですが。すなかぶり?かぶりつき?っていう程の前列で、役者様達の表情を堪能した前回・新国立劇場公演で唯一残念だったのは舞台全体を俯瞰で観ることができなかったことだったですが、今回はえぇそりゃもう俯瞰ですよ。堪能しましたよ。知らなかったよ、あんなにライティングで凝ったことしてたなんて(^^;;
髑髏のピンスポ、炎のライト、髑髏城の窓。なによりラストの髑髏城スローモーション活劇でのスモーク!!かっこよすぎる~。前回もうるっときたけれど、感激倍増で、泣きました!泣きました!ハンカチ忘れてGジャンの袖で涙をぬぐいました!

そして小ネタ満載(笑)。新感線の舞台の終盤はこれが楽しみで楽しみで。犬神泥師(右近健一さん)を追い詰める関八州荒武者隊・無界の里の女たち・捨之介ときて、蘭兵衛様!慄く犬神泥師!そこで一言「着替えてる...」ぎゃははははは~確かに、白い着物から黒い着物に着替えてるんだけどさ~

今回のスペシャルトピックスは!
その1:右近さん、舞台から転落!
2幕、贋鉄斎(梶原善さん)がメシの準備をしている当たりで、警戒しまくる犬神泥師。警戒しすぎて後ずさりすぎ、そのまま舞台から落ちた...実は落ちた瞬間は見ていないんだけど「いたいっ」という右近さんの声が聞こえてハッと見たらば、舞台の下から入道頭の半分が出ていた(泣笑)。大丈夫だったんだろうか。。。その後も見事なアラベスクを見せていたけれど。

その2:梶原善「夏のお嬢さん」を歌う!
3回目のカーテンコールに姿を見せなかった善さん。カーテンコールに立つもなぜか腰砕けで膝まづきながら爆笑する狭霧(佐藤仁美ちゃん)。なんだろうと思っていたら、、、4回目のカーテンコールは「梶原善オンステージ」でした(笑)。曲目は榊原郁恵の往年の名曲「夏のお嬢さん」。バックダンサーは佐藤仁美ちゃんと、えーと多分中谷さとみちゃん(自信なし)。場内大爆笑!1階の方はスタンディングオベーション!
これはあれか?かの有名な新感線の罰ゲームか?それとも公演ラストから始まったファンサービスか?
なんにしても、素晴らしい歌とダンスでした。もちろんご一緒に「あいすくりーむ、ゆー、すくりーむ」と歌ってきました~。
新感線ファンクラブHPに粟根さんからの真相リポートがあがるのを期待しております。

« 新感線『髑髏城の七人』=“アカドクロ”緊急追加席発売! | Main | ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ »

「演劇・舞台・観劇」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15603/719183

Listed below are links to weblogs that reference 髑髏城の七人 東京・厚生年金会館:

» 赤髑髏千秋楽 [Actress M]
4/17びわ湖ホールからはじまった髑髏城もとうとう6/06新宿厚生年金会館で無事千秋楽をむかえサニラーの皆さんも多数集結しました。 千秋楽の記念で髑髏城煎餅が... [Read More]

« 新感線『髑髏城の七人』=“アカドクロ”緊急追加席発売! | Main | ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ »