« 明日は新感線 | Main | エリザベート 1.総合 »

2004.05.03

髑髏城の七人 東京・新国立劇場公演 観劇~

2004年5月2日。
行ってきました劇団☆新感線『髑髏城の七人』に!
初めての新国立劇場。行ってみたらアラびっくり。なんとステージ最前列ではありませんか!
いや、ほんとは2列目なんだけど、端の方は前一列無いもんで。
目の前ステーーージ!役者さん達がかぶるかぶるで、よく観えない&スピーカーから微妙に外れていて台詞よく聞き取れない~なんてこともあったけど、はぁ、目の前に橋本じゅんさんや坂井真紀やサンボ君(河野まこと)が立ちやがる!捨之介と同時に舞台に存在する時の天魔王は川原さんらしいということを知り得たのも、この位置ならではだろう。至福の時を過ごさせていただきました!あぁ、何べん言っても足りないわ。m-san本当にありがとう~!

caution ネタばれありまする!!!
内容はもう、当然大満足ですとも。「レッツゴー!忍法帖」の後のマジ新感線は感慨もまたヒトシオ。
水野美紀キレイすぎるぅ。美人が美形の役をやるとほんっと映えるなぁ。殺陣もそれこそ舞うように華やかでうっとり。前情報を仕入れずに行ったので、彼女の正体が森蘭○というのに素直に驚いてしまった~!これまでで最強・最上・最美な森蘭○でございます。目がいぃ!きりりとした眉がいぃ!くぅーーーっ!切ない心がいぃぃ!
古田新太もさすがの看板!という感じだったけど、やっぱり初演の美しい姿を観たかった(涙)。もちろん、今の捨之助も、飄々としていながら頼りがいのある兄貴!いや、おっさん!(笑)な感じで良かったのだが。佐藤仁美との絡みを観ていると、、、うーーん、いい例が思いつかない。一番近くて「レオン」な感じか?いや、あんなにストイックじゃないんだけど。。あ!あれだ「紅の豚」!!ポルコとフィオの関係みたいな感じっちゅうのがしっくりくるかも。
っつか"天魔王"という役名で織田信長と直感した自分が好き(笑)。台詞でもしっかり「第六天」って言ってるし~。信長様ファンだもん。当然ねっ!
客演陣の梶原善、佐藤正宏も素晴らしい~。片や東京サンシャインボーイズ、片やWAHAHA本舗。正直言って、三谷組は「阿修羅城の瞳」の近藤芳正さんがイマイチ新感線ペースでなかったし、WAHAHA~?と思っていたので観るまでは心配だったのである。んがっ、佐藤さんの曲者・家康ぶりといい、善さんのお茶目ぶりといい良かった良かったよぉ本当に!善さんは刀を投げ合うシーンで肝心の刀を取り落としてしまい。抜き身の部分を素手で掴んでいた。「おぃ~!」瞬間心の中で突っ込みを入れたら、その後イテテテとばかりに刃を掴んだ手を振ってみせるという小芝居をしてくれた。さすがです(笑)
また、山本亨さんの演技を初めて観たわけだが、ほんっとうにイヤミな感じが素敵。「筵の中から瓜棒が一匹...」のあたりのユーモラスでありながら陰険で空恐ろしい声音に笑うやら怖いやら。

さすがに三度目の舞台化ということもあると思うけれど完成度が高いと感じた。今回森蘭○を水野美紀にしたことも、美しさだけでなく悲しくて切なくていい味出してます。ラスト近く、御馴染みのスローモーション活劇から逆光を浴びながらのセリ落ちは涙ぐんでしまったです。

アオドクロはどうやら水野美紀の役を佐藤アツヒロがやる予感。あっくんと市川染五郎の絡みか~。かーーったまらん!あっくんがどんな風に天魔王にころんでいくのか要チェックである。実は今日も古田さんの演技を観ながら「こ、これを染ちゃんがやるのかぁぁぁぁぁ(涎)」とちょこちょこ思ってしまったことを告白する。だって本日初お目見えのアオドクロのチラシの染ちゃんの美しさときたら!10月が待ちきれないザンス~(右近さん風に)

感激(観劇)の後はm-sanと新宿で昼食。のはずが3時間半以上喋ってた。これは相変わらずである(^^;;
勿論、舞台の話題が中心だがまたしても北川悦吏子批判をしてしまった。これもオヤクソク。
会計時には、ウェイターのお兄さんに「髑髏城観に行かれたんですか?」などというツッコミを受けた。「僕はチケット取れなかったんです」と言うので「すっごく良かったですよぉ~」と意地悪。「アオドクロも観に行かれるんですか?僕もアオドクロのチケットは絶対に取らないと」と言うので「絶対負けませんよ!チケット争奪!!」といらん闘争心を剥き出しにしてしまった(笑)

なんで、こんなに新感線好きなんだろう。。。いのうえ歌舞伎ってそれこそ歌舞伎同様パターン化されているし、シーン展開も同じだし、見せ場の持たせ方も同じなのに。ほんっとカッコイイんだよねぇ。新国立劇場でもう一回観たいなぁ。でも厚生年金会館の方も観たいし。というわけで、ついついオークションをチェックしちまう私。。。SS席にこだわらなければ、買えそうだ。行けそうだ。行きそうだ。

« 明日は新感線 | Main | エリザベート 1.総合 »

「演劇・舞台・観劇」カテゴリの記事

Comments

髑髏城の七人、でココログってたどり着きました。
はじめまして。

なんだか、すごく熱い文章で、読んでいてこちらも嬉しく
なってきてしまいました。
よかったですよね。髑髏城の七人
本当に、何度でも通いたいと思います。
2階から見下ろすライティングの美しさも素晴らしいですよ。

おっさんになった捨之介と、兵庫と三五にめろめろになりました。
(そう言えば、アツヒロさんは、兵庫らしいと『シアガ』の
インタビューで古田氏が発言されているそうです)

天魔王で織田信長ときて、狸穴二郎衛門では引っかかりません
でしたか?(笑)
厚生年金会館は、新国立ほど舞台に奥行きがないので、いのうえさんが
どんな手を見せてくれるか楽しみです。
新感線は、いのうえさんのアタマの中を覗いているようで
目の前に描き出される情景の素晴らしさに、圧倒されています。
私は、その辺りが嵌まっている理由です。

ももさん、はじめまして!
新感線好きの方に来ていただけてとても嬉しいですっ。嬉しいのでコメントにあるまじき長文です(^^;;

> 2階から見下ろすライティングの美しさも素晴らしいですよ。

2階席だったのですね。ということは、ラストの舞台奥に走り去っていくみんなの姿が奥まで見えたんですね~羨ましい。ものすごく奥行きが広いとは聞いているのですが、最前列ではまったくわからなかったんですよ。
カーテンコールでキャストが奥からダーーーっとダッシュしてくるじゃないですか。あそこを2階から観てみたかったです~。

> そう言えば、アツヒロさんは、兵庫らしいと『シアガ』の
> インタビューで古田氏が発言されているそうです)

そ、そうなんですか!兵庫とは~!くっ頭の中ですっかり妄想劇場上演中だったので動揺が隠せません(笑)

ということは、
捨之介=染ちゃん
兵庫=あっくん
沙霧=杏ちゃん
二郎衛門=ラサール
ですよね?池内博之は邪鬼丸?が、贋鉄斎?
となるといったい蘭○はだれがやるんでしょうね?池内君の蘭○もいいかもしれんが...も、もしや粟根さんが超年上の蘭○に!!(笑)あと、極楽太夫は聖子さんだと当たりをつけているんですが、"年増"の太夫扱いされるんでしょうかね、あぁ楽しみ~。

> 天魔王で織田信長ときて、狸穴二郎衛門では引っかかりません
> でしたか?(笑)

家康はファンではないので...(^^;; 風貌と蘭兵衛の反応でピンときました。ちなみにその時蘭兵衛の正体は、「千姫?いや年が違うしなぁ、実は生きていたお市の方か?」とか思っていました~。

厚生年金も観劇されるんですか?私はまだ迷っています...ご覧になったら是非感想を書き込んでくださいませ~。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15603/528542

Listed below are links to weblogs that reference 髑髏城の七人 東京・新国立劇場公演 観劇~:

« 明日は新感線 | Main | エリザベート 1.総合 »