Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ジャネットってば | Main | 六本木ヒルズのパン »

2004.02.11

お蝶夫人

友人とるとるは独自のこだわりを持った人間と言えよう。
思い起こせば十ン年前。「無印良品」は「ムインリョウヒン」と読むのが正しいのだ!と言って譲らなかった。理由は「えー、だって、音訓読み混ぜるの変じゃん」だそうだ。今ではロゴも「MUJI」になり、そんな主張が通る分けもないのだが、当時は「無印良品」がロゴだった遠い過去...

その友人とるとるが、テレ朝ドラマ「エースをねらえ!」を観て、またもや奇妙なことを言い出した。
と「お蝶夫人って、原作でも夫人?」
う「え?」
と「婦人が正しいんじゃないの?お蝶婦人」
 「catpawさんに裏取ってもらってよ~」

とるとる...原作でも「夫人」です。
私は「蝶々夫人」が原点だと勝手に思い込んでいたから、全然思いつきもしなかったよ。

ってなことを、恐れ多くもcatpawさんに言ってみたらば、申し訳ないことに本当に裏を取ってくださった!
結果はこちらを読んでいただくとして~。

catpawさんから、「お蝶夫人は人妻だったことありますか?」と質問されました。
うーん、無いです。人妻。結婚。

あ、でも、お蝶夫人は、ひろみの"生みの親"である。という感動的なシーンがあります。
激烈にダンディでカッコイイ竜崎理事長様が、「岡ひろみという選手の育ての親が宗方仁なら、生みの親はお前だよ」となっ。

というわけで、人妻でありませんが、母ではあるようです。なので、夫人でもいいべ?ってことにしないか?

あとさ...高解像度のディスプレイでみると、お蛙夫人って書いても違和感なくねぇ?

« ジャネットってば | Main | 六本木ヒルズのパン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

お蛙夫人・・・・・って。あぁた。
私はもじさいずが[中]なので違うぞ。
最小にするといっしょだな。

でもなーしゃべり方がホントアニメといっしょなんだよなぁ。

にくきぅ様~いらっさぁい!

あたくしはあのお話の仕方が気に入っていてよ、ひろみ
中々さまになっていると思わなくって?ひろみ
亜弓さんも素敵でしたけれど、パワーアップしてるのではなくて?ひろみ

そーいえば、原作で1箇所だけお蝶様が柄にもなく「あたし」と言っている箇所があります。さぁどこでしょう~

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お蝶夫人:

« ジャネットってば | Main | 六本木ヒルズのパン »