Recent Trackbacks

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

新選組! 2/29放送

かっし~来たよ、来た、来た、伊東大蔵来た~!
予想通り谷原章介いいんじゃない~?イヤミなバカっぷり、いいんじゃない~?
でも、やっぱり平助の伊東道場って、大蔵んとこって設定なのね...
それでも、大蔵の平助へのあの態度では、後の御陵衛士入りの説得力弱いよねぇ。
写真は、よく見させていただいている、ゆうとさんの"新選組百科事典"から、リンクさせていただきました。

あ、それから、ついでに、女たらし・歳三も来てました~(笑)「お琴さんはいい匂い」って、あんたは「セーラー服と機関銃」の酒井敏也かっ。「お母さんの匂いがする」...

しかし、どうも勇の成長が遅くてイライラしてきた。今週までの大志の無さと言うか、現実主義ぶりが新選組局長像にかぶらない~。「私はこれでいいのかぁっ」とか煩悶しながらも、「今の私には精一杯です」なんて...来週の講武所話お流れで、なんかあるんじゃろうか?しかし、そうすっと今のところ幕府には幻滅させられることばっかしやよね?俺が変えてやる~って意気が上がるのか?
来週は、いよいよ、浪士隊の話題がでるはず。そろそろ、局長の前身としての気概を見せて欲しいのぅ。
ダメ?急ぎすぎ?また、10ヶ月もあるんだもんねぇ。

幕末維新新聞本日は文久2年5月29日、手元の『幕末維新新聞』にも、しっかり松本藩士によるイギリス水兵惨殺事件の記事が載っております。記事よると、公使暗殺しようとした伊藤だが、水兵2名に発見された末、この2名を惨殺。とある。「新選組!」のエピソードとは違っているね。しかし、佐之!情けねぇ...酔っていたとはいえ、あんた槍使いでしょうが...

「新選組!」としてのキャラでは、どうも源さんが一番好きかもっ。トシとか総司も勿論いいんだけど、、まぁ、既成のイメージ通りってことで。源さんってば、地味なキャラだけにどの作品でも地味に扱われちゃって、"地味なおっさん"以外のイメージがこれまでなかったからなぁ。時折見せるツワモノの目にコロッとやられちゃいます。モロ好み。⇒意外性のある人。

さてさて、来週はいよいよ、件の野田・勝海舟が登場でっす。どーなることやら~。

2004.02.27

若村麻由美とセンザイマスター

今朝のとくダネ!見てびびりました。

極秘結婚していた若村麻由美、相手は巨漢の宗教トップ

この"巨漢の宗教トップ"強烈っす!正直に言います。コワイっす。
首がない入道姿も、妙にピカピカ・ツヤツヤの肌もまぁ、ちょびっと衝撃ではあるんだけど、一番はその眼差し!
計り知れない何かが秘められているようで、転べば神々しい、転ばなければ禍々しい。そんな感じ。なんらかのパワーは持っていそうな気がするけれど、わたしゃ転んでないので、コワイ・不気味な感じしかしないさ。

うーん、私のイメージ・ライブラリの中で一番近いのは、萩尾望都大先生の「マージナル」に登場するセンザイ師(マスター)ってとこかなぁ~。
是非画像を載せたいと思って色々探し回ったけどないわぁ~。スキャナで取り込むわけにもいかんし。

この入道と、若村麻由美が夫婦とわ...しかも件の渡辺謙と「御家人斬九郎」つながり。いやぁ、粋で色っぽい芸者役で華だったんだけどなぁぁぁ。
イメージダウンは免れないでしょぉ。

2004.02.24

痺れのその後

朝起きた時は「おっ、治ったかな?」と思ったんだけれど、動いていたらみるみる痺れてきた。会社について一時間もする頃には、なんだか口まわりも痺れてきてなんか呂律がまわらなく...
さすがに怖くなったので、六本木ヒルズクリニックに行きました。そう、むやみにIT化が進んでわけわかんなくなっているあの病院のことは、そのうち書くとして...

おあつらえ向きに六本木ヒルズクリニックには、神経内科という科があって専門医に見てもらうことができました。血採って、首のレントゲン6枚とって、問診受けて。結果は、"脳とか神経の重大な病気を示唆するものなし"ってことで、ほっ!体のpH値が変動したり、ウィルス感染後神経が過敏になって痺れがでることがあるそうで、おそらく後者ではないかということで、メチコバール(ビタミンB12)を処方されて終わりました。
まだ、ちょっぴり痺れているけど、夕べのように硬直したりはしなくなったのでひと安心というところ。
しかし、2週間くらい薬を飲み続けても痺れが取れなかったら、「痛い検査するしかありませんね」と言われて正直ビビッています。意地でも直します。腰椎線腫(?)あんなの絶対イヤーっ!

で、今回医療費をかけて判明したことには、私の首は一味違う。腸に続く人体の不思議第二弾である。
私の首は先天的な「ストレートネック」だそうだ。意味はまんま"まっつぐな首"!「ミリタリーネック」とも言うそうです。語源はわかんね。
普通は首の骨って、緩やかなカーブを描いて頭蓋の重さをクッション効果で受け止めるんだって。
「ストレートネック」は、右の図の様にこのカーブがなくって真っ直ぐ。頭の重みがもろに、首・肩にかかるらしい。なので、必然的に肩こりがひどいとのこと。たまにいるんだってさ。あ、この写真は私んじゃないから(^^;;
小学生のころ、チャリですっころんで首をひねったせいか?と一瞬思ったけど「生まれつきだね」って言われたので、どーしよーもねーわね。
加えて骨の形が非常に鋭角的で、普通は四角形な骨が極端に1つの角が尖がった台形になっているそうだ。今はまだいいけど、年取って骨と骨の隙間が狭くなってきたら、痛みが酷くなるでしょうって。ありがたくない予言もいただいてしまった。今でも、首が回らない時があるくらい肩こりひどいのに、、、

しかも、このありがたくない事実、今回の痺れとは何の関係もないときたもんだ。

ま、大事でなくてよかった、よかった!
ご心配おかけしましたーー!

<2005年12月追記>
今でもうろうろ版に「痺れ」のキーワードでいらしてくれる方が結構いるので、追記。
この痺れの真相は、特発性副甲状腺機能低下症による低カルシウム血症でした。
⇒入院ネタはこちら

2004.02.22

痺れ

なんか、土曜日からずっと手足が痺れてるんだよなぁ。
いつもよりは遅いけど、こうやってキーも打てるし、歩けるから平気といえば平気なんだけど。
んでも、細かいマウス操作ができなくて、仕事が全然できないわ...

昨日はずっとゴハン食べられなくて、夜にやっと食べたんだけど、口も痺れててうまく噛む事ができなくて、ちょっと怖い思いをしました。一生懸命顔の筋肉動かして、なんとか食べ終わりましたけど、最初全然食べ物が噛み切れないんだもん、ビックリしたよ。口の内側ガブガブかんで、口内炎になってるし。

いったい何の症状なんだろー。手足の痺れといえば、糖尿病??リューマチ??
明日になっても、痺れが残ってたら病院行ってみよう。
あぁ、また医療費が...

<2005年12月追記>
今でもうろうろ版に「痺れ」のキーワードでいらしてくれる方が結構いるので、追記。
この痺れの真相は、特発性副甲状腺機能低下症による低カルシウム血症でした。
⇒入院ネタはこちら

レッツゴー!忍法帖 2月21日

3回目行ってまいりました。
ネタ的には、前回でほぼ安定したのか、日替わりネタ意外は変化なかったっすねー。

前回ウロ覚えだった、バッテン様の「ナントカ体操」は「リーダー体操」でした(笑)
あと、地獄おろち丸の魔愚南無へのツッコミは「...おしい、もうちょっとなんだよなぁ」でした。あと、「明日さぁ、千秋楽じゃん。本番始まる前に、楽屋のポットとか加湿器とか片付けとけよ、始まる前な」と「明日がラーストチャンスー」っつうのもあった。

帰ってきて、なんだか興奮さめやらず「花の紅天狗」のDVDを本編と副音声版続けて2回見ちゃった(^^;;
副音声版いいねぇー。いのうえさん、木野さん、高橋由美子、成志の4人のお喋りが面白かった。
この特典があるならば、他のも全部買おう~。

さーて、次の舞台は今のところ4月の「エリザベート」まで空いてるんだよなぁ。3月どーしよう。何か見たい...

そーいえば、「花の紅天狗」の中で、出展元ミュージカルをばらしてたんだけど、「エリザベート」を「某ザベート」、「レ・ミゼラブル」を「某・某ザブル」ってな調子で言っていたのが、面白かった。成志の「ボウボボーボ」みたい。

2004.02.18

プライド > ツッコミ 2/16

熱でモーローとしていたので、正直あんまし覚えていない...

が、しかし...どーもイカン。
野島の毒がない。
どーしたのだ?いったい?
メイビーもマストビーも最早ネタであることが、はっきりしてしまって面白くもなんとも無くなったし。

なんかねぇー。前にm-san言ってたみたいに恋愛観が辺にズレまくっているのもそうなんだけど、先週の大和の話もねぇ。なんなんね?あれ。風間杜夫はいい味出してたんだけど...「TEAM3」の鬼気迫る演技を見ちゃっていると、なんだか勿体無いよ。
今週も、そう。話的にはすごくいい話だっつぅのは判るんだけど、別にインパクトなし。

野島脚本を上回る月9マジック??
それとも、次週、亜樹の恋人復活で野島色出てくるのかなぁ。恋人役ってもしかして谷原章介?だと嬉しいんだけど、そうなら、既にフラレキャラ決定だわな(^^;;

先週、今週の収穫と言えば、風間さんとキレイに痩せた松坂慶子の美しさくらいじゃろうか?
あと、どーして木村君ってあんなにキスシーンが下手なの?
ガブっ、ブチュっ、って感じで気持ち悪ぃいのよ。なまじ素で売ってるだけに生々しいのよ。竹内結子との顔のデカサしか気にならないのよ。
LoveLetterのトヨエツ様とまでは言わんから、せめてTOKIO長瀬くらいのキスシーンを見せてくり。

あ、山下徹大は○。坊ちゃんタイプが新之助とかぶると思うのは私だけ?

2004.02.13

続・ジャネットってば

一昨日ね、ジャネット乳ぽろりのね、画像と乳拡大画像を載せているサイトがね、GoogleのAdWordsで出ていたのだけどね、今日みたらね、消えてた。
Googleに抗議殺到したのかなぁ。

検索にも同様の画像をあげているところが、ボロボロひっかかるんだけど、ほとんどがスパムサイトっぽい...
ブラクラなみのポップアップ出しまくりサイトにうかつに飛んでしまい、頭にきてブラウザを落としたら、途中まで書きかけたこの記事まで消しちまったぃ...(泣)

しかし、アメリカでのバッシングはすごいみたいねぇ。
ランキングで(も)さんも「日本で言うとこんな感じ?」って書いてるけど、私的には例えばこんなくらいの衝撃?
・甲子園開会式であややが生入場行進曲を歌っている時にぽろり
もしくは、
・大相撲千秋楽の結びの一番で、木村庄之助が朝青龍のまわしをクルクルまわしながら解いたら、朝青龍が「あーれー」とか言いながら、ぽろり。

六本木ヒルズのパン

ロブション様のパン達友人がパンにはまっているという。であるならば、職場の近くで買える美味しいパンっちゅうことで"ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション"のパンを紹介いたしませぅ。
ロブション様なので、当然のように高い...でも、高いなりに美味しい!
バカ高いロブション様のディナーにはとうてい手が届かないし、仮に頑張って食したとしても緊張のあまり味わうどころではないだろう。が、しかし併設のベーカリーのパンならば気取ることもなくガブリガブリと食らいつける気軽さだ。

この日購入したのは、以下3つ。
塩豚バゲット塩豚のバゲットサンド。¥550
その名の通り、香ばしいバゲットに塩豚のスライスがサンドされている。バゲットは皮がバリバリと香ばしく、中身はもっちりとした触感が気持ちいい。皮のバリバリ具合は食べると口の中が痛くなるほど。顎も鍛えられそう。そして塩豚。私は肉の中では豚肉が一番美味しいと思う人間である。美味しい豚に限ってはその脂身ですら滑らかで香りよく上質のバターに劣らないと思っている。ここの豚も変な臭みやくどさは感じない。シンプルで腹だまりもよく、オススメ。


キッシュキッシュ。¥450
これは同僚がはまっていると言うので購入してみた。お昼には食べ切れなかったので、持ち帰って夕飯代わりに食したのだが、空腹のあまりがっついたということか、ディテールを全然覚えてない...美味かったという記憶があるのみである。上部のチーズソースのトロトロ滑らかさ具合。練りパイ生地のサクサク具合が良かったことは覚えている。ポルチーニっぽいのが入っていたような記憶もあるが、定かではない。
同僚からのアドバイスどおり、オーブンできちんと暖めて食べるのが美味しくいただくポイント。


クイニー・アマンクイニー・アマン。¥220
一時期、流行もんデザートとして、コンビにもお目見えした菓子パン。正直、この日購入のパンの中ではこれが一番ビックリした。甘い!こってり!カロリー表示は絶対できないと見た。
が、しかし、バターたっぷりの生地。表面のキャラメルコーティング。脱帽です。
特にキャラメル!これまで食べたクイニー・アマンは主にカラメルのコーティング。もしくは、焼き立てにグラニュー糖をふったもの。でも、ここのは本当にキャラメルコーティングって感じ。カリカリのその部分だけをかじるとバターの塩味も感じるほどのコッテコテのキャラメル。すごすぎる。美味すぎる。でも、これ食べたらお腹いっぱい。血糖値急上昇。エスプレッソをノーシュガーで飲みたくなること必至。でも美味い。禁断の美食メニュー入り決定!

2004.02.11

お蝶夫人

友人とるとるは独自のこだわりを持った人間と言えよう。
思い起こせば十ン年前。「無印良品」は「ムインリョウヒン」と読むのが正しいのだ!と言って譲らなかった。理由は「えー、だって、音訓読み混ぜるの変じゃん」だそうだ。今ではロゴも「MUJI」になり、そんな主張が通る分けもないのだが、当時は「無印良品」がロゴだった遠い過去...

その友人とるとるが、テレ朝ドラマ「エースをねらえ!」を観て、またもや奇妙なことを言い出した。
と「お蝶夫人って、原作でも夫人?」
う「え?」
と「婦人が正しいんじゃないの?お蝶婦人」
 「catpawさんに裏取ってもらってよ~」

とるとる...原作でも「夫人」です。
私は「蝶々夫人」が原点だと勝手に思い込んでいたから、全然思いつきもしなかったよ。

ってなことを、恐れ多くもcatpawさんに言ってみたらば、申し訳ないことに本当に裏を取ってくださった!
結果はこちらを読んでいただくとして~。

catpawさんから、「お蝶夫人は人妻だったことありますか?」と質問されました。
うーん、無いです。人妻。結婚。

あ、でも、お蝶夫人は、ひろみの"生みの親"である。という感動的なシーンがあります。
激烈にダンディでカッコイイ竜崎理事長様が、「岡ひろみという選手の育ての親が宗方仁なら、生みの親はお前だよ」となっ。

というわけで、人妻でありませんが、母ではあるようです。なので、夫人でもいいべ?ってことにしないか?

あとさ...高解像度のディスプレイでみると、お蛙夫人って書いても違和感なくねぇ?

2004.02.10

ジャネットってば

先週からの話題と言えば「ジャネット・ジャクソンおっぱいポロリ事件」だろう。遠い昔の学生時代に学祭でRhythm Nation 1814のコピーを行った友人達の合間にも衝撃が走っている。

私的にもっとも衝撃だったのは、"ぽろり"より、そのぽろりした胸!ワイドショーの映像ではわからなかったのだが、友人とるとるがその拡大写真を送り付けてきたのだ!
構造的にはこんな感じはたして、その写真には...
乳首にピアスしてました、ジャネット。
ニップレスだと思っていたら、ニップルでした...

その写真はちょいとココにはアップできないので、同じ形のピアスを探そうと思ったら...無いわ~。
さすが、ジャネット。最先端ニップルだったのね。日本のインターネットショップにはまだラインナップされてないみたい。
せめて似たようなのをと思ってさらに探したら、あったよここに。さすが楽天さんだね(笑)。
ジャネットのしていたニップルも構造的にはこんな感じっす。ニップルの真ん中の輪に乳首を通してピンで乳首を刺すわけやね。って、ぎゃーー!書いてるだけで痛い~。
こんな感じか?素材はシルバーかなぁ?つや消しのプラチナかなぁ?輪の部分の形が、これよりもうちょっと凝っていて、うーん南米のお土産でありそうな太陽みたいな感じ?日光を表す部分がうねってるの。

でも...
はっきり言って乳輪見えてます...
乳首も見えてます...
ジャネットぉぉぉ...

今回、図らずもボディピアスの検索しまくって色々見たけど、カラーストーン使ったのとか、かわいいデザインとかいっぱいあって、あぁ自分の身を飾るキモチってわかるかも~とか思いかけたんだけど、どっかのサイトで「ニップルは乳首でかくなる」と書いてあったのを見た。

奈美悦子みたいに無くなっちゃうのもイヤだけど、乳幼児がいるわけでもないのにでかくなるのはもっとイヤだ...

2004.02.08

新選組! 2/8放送

はぁ~~~。源さんカッコイイ~~!!
山南さんや斉藤さんの抜きより早く、斉藤さんの刀を鞘にもどして首に手刀をつきつけるあの身のこなし。惚れるーー!これまで、後の六番隊組長に対してあんまりな扱いだわっと心密かに思っていたのですが、なんとこのようにベールを脱ぐとわっ。はっ、こないだの夢はもしや今日のこの日の予知夢?

今回は、まんま三谷作品って感じでしたねぇ。宴会のドタバタのあたりがもぉ。
それにしても、"爽やか天然嫌味系"を演らせたらやっぱり石黒賢の右にでるやつぁいないねぇ。もーなんであんなにムカつくんだろう...
あ、でもさ、惣次郎と平助が友達なのはまぁいいとして、同門の山南さんと平助が初顔合わせってのは「風光る」を読んじゃっていると違和感あるなぁ。この後の御陵衛士の時、平助がどういう理由で分離するのか気になるったら。あ、「伊藤道場」っつってたなぁ。元々甲子太郎の道場の門人とかいう設定か?

そして今日初めて知ったのは、新見錦!相島一之ですとぅ!彼もまたまた東京サンシャインボーイズ以来の三谷組ではないですか。こっちは"いやらし確信犯的嫌味系"を演らせたら、またまたいい味出してくれる役者さんじゃぁないですか。この人好きなんですよねぇ。最初に見たのは、タイトルも覚えてないんだけど昼ドラだったと思う。主人公(確か主婦)にストーカーまがいに付きまとう危ない青年役だったような...

来週は、なぜか川平慈英がうそ臭い異人役で出るみたいだし。
ますますもって大河っぽくなくなっていく、、、いいけど~。

2004.02.06

どんな意味が...

実は今週、スコブル体調が悪い。火曜当たりまではドクター・ストップがかかってはいるものの、すぐ治るだろうとタカをくくっていたが、どうにも良くならない。諦めて静養に専念していたのだが、先ほどうたた寝をしていて夢を見たらしい。手元に起きぬけに書いたと思われるメモがある..
yume1.JPG
どうも私は年のころは21,2の娘さんだったようだ。
しかも、父親が殺されたらしい。
担当刑事は「カトウチャ」と「山本太郎」だ。この、いかにもな"おやっさん"と"無鉄砲若手刑事"の組み合わせ...ツボだわ。加えてどうやら「新選組!」で井上源三郎役をやっている「小林隆」も同僚刑事役で出てきてたようだ。

季節は真夏。私は、福島県にあったはずの大学の地下秘密倶楽部(笑)から脱出すると、なぜか六本木交差点に出ていた。
 「むすめさ~ん」
聞き覚えのある間の抜けた声に振り返ると、交差点の反対側はなぜか多摩川土手になっており、そこを夕日をバックに洗面器とタオルをもった刑事さん達がこちらに向かって歩いてきている。私に声をかけたのはカトウチャだ。
 私「刑事さん...」
 茶「むすめさんのお父さんの事件ねぇ。ありゃいけないわ。」
 私「そうですか...」
 茶「現場がねぇ...」
などとカトウチャと神妙に会話をしていると、やがて道は千鳥ヶ淵へ出た。
 私「刑事さん達はお風呂ですか?」
少しでも重苦しい雰囲気から逃れるためにそんな話題を口にしてみる私。すると山本太郎が
 「おぅ、いい匂いだろ」
とか言い出した。ぜーんぜん、汗臭い~とか言いながら"will 空気を洗うミスト"を吹き付ける私。どうやら山本太郎はラブコメ担当のようだ。大人しげに微笑んで見守る源さん「それだけ、元気があれば大丈夫だぁ」とかなんとかお決まりの台詞をはく...

夢なので、オチもなく目が覚めたわけだが...
どうやら私は自分でも思うよりずっと「新選組!」にはまっているらしい。特に佐之の出番を待っているらしい。
なぜにカトウチャなのかはよく分からないが、つけっぱなしにしたTVで「番頭?」のCMでもやっていたか?
ちなみに読んでいた本は、P.コーンウェルの「証拠死体」...

2004.02.03

最悪レシピ3 汁粉

前回の「最悪レシピ」でワカメカレーを披露し、卓越した料理センスをさらした実家の母は、高校教師でした。今はもう退職してしまったけれど、定年までバリバリに勤め上げた女性でした。当然、日頃家にはおりません。が、私が高校生のある日、友達が家に遊びに来たあの日、なんでかその日は家にいた。
田舎人の習性と申しましょうか、家に来たお客は120%もてなさいと気の済まないうるみ母。その日、私と友達に手作りおやつを振舞うことにしたらしい...

──────────────
    ある日のおやつレシピ
       "お汁粉"
──────────────
しょっぱくないお汁粉

  1. 前夜から水につけた、小豆を火にかけ煮ます
    ※なぜ、その日小豆が水につけてあったのかは今もってナゾ
  2. 煮立ったら一度お湯を捨て、再び水を足し煮ます
  3. 小豆が柔らかくなったところで、砂糖投入
    ※甘さが肝心。惜しみなく砂糖を入れること
  4. 甘みを引き出すため、少々お塩を入れます
  5. 餡を煮詰めますが、お汁粉なのでゆるいくらいでOK。火を止めます
  6. 切り餅を焼き、小豆餡のナベに入れちょっとだけ煮ます
  7. お椀に餅と小豆餡をそそぎます

──────────────
     お味は?
──────────────
上記のレシピは決して間違っていないと思います。餡の煮方にはもっと色々あるのですが、基本的には間違っていません。甘みも十分。
が、しかし、母が立ち去り汁粉を一口飲んだ私と友人は顔を見合わせつぶやいた。
 「しょっぱい...」
ママ!あのお汁粉しょっぱかったよ!塩入れすぎだよ!
最悪度数:★★☆☆☆

──────────────
     その後どーした?
──────────────
と、とりあえず母に気を使い、友人と共に完食しました。
成長し、料理の本を見たところ確かに塩を入れると書いてありました。しかし分量は"一つまみ"...
ママ!どんな一つまみだったの?アンタの手は和田アキコよりでかいの?力士が土俵入りの時にまく塩は"一つまみ"じゃないよ?
後に「塩羊羹」なる菓子が存在することを知り食してみましたが、母の作った「塩お汁粉」のようにしょっぱくはなかった...
あれから、十ン年。未だに友人は「うるみ母と言えば、お汁粉だよねっ」と楽しそうに話します。

2004.02.02

プライド > ツッコミ 2/2

「新選組!」と「プライド」はずっと書いていきそうなので(^^;; カテゴリ作りました。

で「プライド」ですが、今日はねぇ、もう新たなツッコミどころはなかった...なんか趣旨違うだろう、ツッコミの為に観てるんかいと言われそうですが、ハイそうです。

でも敢えてツッコミ入れるとするなら。
今日もハル君は目ン玉むき出してました。ベロも出しまくってました。今日一番のヒット台詞は
 「うちら、オフェンスだからさ...」
です。木村さん、スマスマでもベロ出しまくりでした。みっともない上に若いもんが真似するのでやめてください(^^;;
染ちゃんは、期待通りでカッコよかったよ。飄々としているところも。予想通りの影も。

実は「プライド」で一番好きなのは、亜樹だったりする今日この頃。竹内結子はそんなに好きじゃないはずなんだけど、なんか雰囲気がいい。"古き良き時代の女"ってコピーもペタ過ぎなんだけど、感じ出てる出てる。
さらに、注目しているのはマネージャー役の滝沢沙織。キレイ子さんです。お水の花道時代の伊藤美咲みたいです。

新選組! 2/1放送

気になって気になって触れずにいられないのは、テーマ曲。ジョン・健・ヌッツォさん!はまりすぎ!リキの入ったオープニングはまりすぎ!はまりすぎて毎回つい笑ってしまう

第4回(2/1)については、m-sanに先を越されちゃったけど、こっちにそのレス分も入れちゃうね。

や、山南さん...いいけど、いいんだけど、アタシには"スナネズミ"にしか見えなかった。しかし、さすがの鋭い目つきを見せ付けられて、これまでにない山南像には惹かれますわ。
鴨さんもねぇ、m-sanも書いていたラストの「尽忠報国の士、あっぱれなりっ」胸ぐらつかまれた感じっていうの?あの人のあんな声音は初めて聞いた。うぅ否が応でも高まる期待。きっと、佐藤・鴨によっても育てられるんだろうなぁ、香取・近藤。
あと、斉藤さんって、本当に作品ごとにイメージ変わるキャラだよねぇ。印象深いのはもちろん渡辺多恵子版斉藤一だが、るろうに剣心の斉藤さんもかなり笑えたがな。m-san読んでないんだよねぇ。オダギリ・斉藤さんは意外や意外に浪人髷も似合っちゃっててさ、ギラギラしててさ、人斬りぶりが期待されますね。
でもさ、トシさんについては今のうちから先が見えるキャラが確立されてるのが、嬉しいね。策士ぶりや女タラシぶりや山南さんとの確執や。剣が弱いのはちと不満だが...

しかし、私的に今日の一番はやっぱり"じゅんさん"の広岡さんでしょう~。新感線観た昨日の今日だもんよ。ちっいい芝居しやがんなぁぁぁ。切なくなっちゃったよ。とても、レッツゴー!忍法帖のお笑い満載ゴジローとは思えん。でも、あの人もやっぱり熱い芝居をする人だねぇ~。覚悟を決めてはいるが、幾分のおびえも見える切羽詰った目。新感線の舞台では考えられないヨロヨロでいながら猪突・必死の殺陣。そして、死に顔の静謐とも言える目。
"桜田門外の変"という歴史的にあまりにも有名なこの事件において、着目されるのは常に井伊大老その人であり、ドラマでは幕末メイン舞台・京都へ続く導入として語られることが多く、実行部隊である浪士にスポットが当たるのは、稀であると思うのね。「新選組!」でもそれは例外ではないのだけれど、広岡という一人の浪士と近藤を結びつけたことで、"天地ひっくり返る"その衝撃が近藤の感情を通して伝わってきた。
ヒロさんという方の「志士たちの詩歌・書簡」というページに、広岡さんの句が紹介されてるんだけど、これ辞世なのかなぁ。HPを見ると多分そうだと思うんだけど。切ない。読んだら不覚にも涙が...
ヒロさんのなるほど幕末!(http://bakumatu.727.net/index.htm)

本当を言うと幕末は嫌いさ。こんな人がいっぱいだから。新選組の連中はその際たる者達と思うんだけど、終末も知っているんだけど、でも今はまだ希望いっぱい夢いっぱいだから平気。楽しむさ。

2004.02.01

レッツゴー!忍法帖 1月31日

2回目行ってまいりました劇団☆新感線「レッツゴー!忍法帖
今回は、友人夫妻(マイケル好きの夫・サダヲ好きの妻)をお誘いしての観劇でした。観劇自体「キャッツ」以来二度目だというお二人に、新感線を気に入って貰えるかどうか少々不安だったのですが、とりあえず楽しんでいただけて、ホッ!
チケットの関係で3人並んでは座れなかったけど、友人夫妻は前の方のセンターブロックというとてつもないいい席。私も前回の17列目と比べると7列目のサブセンターブロックというこれまた、めっちゃエエ席。大満足ですわ。前回はよく見えなかった、役者陣の表情もよく見えたし、二幕目冒頭のミュージカルナンバー(笑)で誰がどんなカブリモノしているのか全部わかったし。

それにしても、やはり舞台は何度観ても面白いですねぇ。東京初日と比べてもギャグにさらに磨きがかかってました。笑いすぎて腰が痛くなり、終演後は全身に疲労感が...特に役者連のアドリブが~。不動魔愚南無(タイソン大屋)に地獄おろち丸(古田新太)がいきなりダメ出ししだして、「オマエの台詞ちっとも伝わってこない。そう感じるの俺だけじゃないと思うよ」「俺さぁ結構お前に時間さいたよなぁ」とか言い出したのには大爆笑~。無敵闇童子(河野まこと)も十六夜無明之助(川原正嗣)も後ろ向いて肩震わせて笑ってるし(笑)その後の魔愚南無の「大型新人と言われて早10年」とかへのウマイ伏線に!

じゅんさんとサダヲの漫才コーナー(もしかして日替わり?)も、周り中笑っちゃって結局オチはつかないわ、ラスト近く成志の「○○体操を教えてやる」とかいう(たぶん)アドリブに、サダヲ他キャストが笑っちゃって、ソデに引っ込もうとするわ、とにかく楽しめた3時間でした。しかし、新感線ファンクラブサイトを見て衝撃が走った!!なんと小倉では東京公演より15分長かったらしい、、、大阪も5分長かったらしい、、、羨ましい、羨ましすぎる。小倉と大阪の方にどんなネタがあったのか教えて欲しいだす。

終演後、友人夫妻とお好み焼きをつつきながら、一番人気だったのはマングースの万太郎(笑)で一致。高田聖子さんの「おややの方」登場シーンから会場中の笑いを取っていました。なぜか会場ではあまり笑いが起きなかった「青き衣を纏いた風谷のウマシカ」も、さすがとるとるは食いついてきてくれたし。気がついているよねぇ?"もののけ森"だったんだよ?タタリ神とか台詞あったんだよ?

あ、そうだ!今日ようやく気がついたことが一つ。オープニングアニメの制作が竜の子なのは知っていたんだけど、絵コンテと演出が樋口真嗣だったとは!樋口真嗣といえば「リリイ・シュシュのすべて」でカツアゲされた人!すっげ贅沢だわぁ。

というわけで、とるとる夫妻!機会があったら、またご一緒しましょう~。次の公演は「髑髏城の七人」よっ。これ観てないんだぁ~なんとしてでもチケットゲットだす。こっちは今回のようなお笑い風ではないと思うけど、おそらくものすんごくカッコイイと思われ~。

うっ、新感線のHPによると「『阿修羅城の瞳』映画化決定!」ですとー!監督が滝田洋二郎(お、陰陽師かよ...)脚本が戸田山雅司(サトラレ~)嬉しいけど、ちょっと微妙~
おっファンクラブ見に行ったら、明日の「新選組!」にじゅんさんがゲスト出演だって!楽しみやね。

« January 2004 | Main | March 2004 »